1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. イッてみた!
  5. 平成最後のキャットファイトにイッてみた!

平成最後のキャットファイトにイッてみた!

アダルトなイベントやスポットに本能の赴くままに行ってみてイッてみる当企画。今回は“平成最後のキャットファイトイベント”に潜入してみた。

キャットファイト団体・CPEが平成最後の大会を行ったのは2019年4月24日、25日の2デイズ。場所は新宿のライブハウス・Rossoで、マットを敷いて行う道場マッチ仕様での大会での開催である。 初日は『平成最後の闘い!キャットファイト【プレミア】道場マッチ 視姦距離マット祭り-2019 エモい!ノリとタイミング!』と銘打たれて開催された。



第一試合は『敗者罰ゲーム!プライヴェートブラジャーパンティー着用アダルト凶器オンリーギブアップ3WAYダンス』として鳳華 vsアザゼル☆桃娘 vs雛りなでスタート。 プライベートのランジェリーが、まさに勝負下着になる試合形式で、キャリアがあり、テクニックで勝る鳳華が終始リード。



しかし、3人が同時に闘う試合形式ということもあり、アザゼルと雛りなが共闘して鳳華を責める。しかも、この試合は公認凶器としてアダルトグッズが用意されているので、バイブや電マが飛び交い、鳳華も普段、聞かせないような悲鳴を上げることに……。 一進一退の攻防が続く中、なんとか鳳華が勝利した。



今回はライブハウスでマット仕様ということで、闘う選手と客席との距離がとても近い。それゆえに、第二試合で行われた熟女セクシー女優・伊織涼子が出場のセクシーバナナマッチも、いつも以上にエロく見える……ハズだった。

しかし、対戦相手がゲイレスラーの遠藤まめということで、試合は思わぬ展開に。この試合形式はバナナおじさんの股間のバナナをポコチンに見立てて卑猥なパフォーマンスを行い、そのポイントを競うもの。 つまり、男性が相手ということで遠藤まめが異常なほどに強さを発揮してバナナパフォーマンスを行い、伊織の存在感がイロイロな意味で消される。それでも何とか、作品で見せる極上のテクニックでバナナポイントを圧倒的に獲得。ゲイレスラーに激勝した。



初日のメインイベントは『人質追い剥ぎマッチ』として怨霊with m@rica vs 大和ヒロシwith みでぃ が行われた。これは、男子レスラー同士が闘い、フォールを取られたり、ギブアップを奪われると、自分のセコンドの女性が衣類を脱がされる間接的な追いはぎマッチであり、初の試みとなるルールだ。 しかも、試合自体が怨霊vs大和ヒロシという、他のプロレス団体でも実現していないレアな組み合わせということで、さまざまな意味で興味深いものに……。

やはり、男子プロレスラー同士の試合はド迫力であり、チョップの打ち合い一つにしても響く音量がキャットファイターたちとのそれとは違う……と思っていたら、試合はノーコンテストに。 もちろん、消化不良……というのは、人質キャットファイターは追い剥がれてないではないか! 会場がそんな空気に包まれる。すると、その人質ファイター同士が直接、追いはぎマッチで闘うことに! 急遽、m@rica vsみでぃの試合が実現した。





お互いにフラストレーションを発散するように衣類をむしり合い、追い剥ぐシーンは、やはり、キャットファイトの醍醐味! そんな白熱の攻防を見せ、m@ricaが勝利して、初日を締めくくった。

2日目は、よりバラエティ豊かな対戦カードがラインナップされた。大会名は『キャットファイト【プレミア】道場マッチ 最後のいたずら・・・』。そう、これが平成最後のキャットファイトとなる。 そんな大切な大会の第一試合は『ご褒美逆バナナマッチ』として、男子プロレスラーの遠藤まめと田馬場貴裕によるシングルマッチが行われた。これは、勝利をするたびにキャットファイターの中から好みの女性を選び、バナナパフォーマンスを受けられるという、通常のバナナマッチの逆バージョンルールの試合だ。



アザゼル桃娘、ハイバードりなπ、福山理子といった美女が妖艶なパフォーマンスを繰り広げる中、一人不満げなのはゲイレスラーの遠藤まめ。 しかし、キャットファイターの中に、びりりあん・みりんだというニューハーフがいたために妙な空気になりカオスな展開に……まぁ、これもキャットファイトの楽しみというものである。

第2試合はライブハウスで行う大会恒例の『アダルト凶器公認 借り物競走バトル』が行われた。これは、勝利をするごとにクジを引き、そこに書かれたアイテムを客席から募り、最初に3つ揃えた者がしょうりというルールだ。 出場選手は、びりりあん・みりんだと福山理子。フォールを奪ってもアイテムが揃わなければ意味が無いので、試合は困難を極めたが……。



今回は福山理子のくじ運が良かったのか、比較的スムーズに3つのアイテムを借りることができて勝利! 普段は見ることができないようなレアなファッション(?)を披露した。

第3試合は前日も行われた『敗者罰ゲーム! プライヴェートブラジャーパンティー着用マッチ』として、ハイバードりなπ vs アザゼル☆桃娘がラインナップ。 両者共にテクニシャンということもあって、緊張感溢れる展開となったが、最後はパンティをはぎ取られそうになったハイバードがギブアップ。そのまま官能小説を朗読する罰ゲームを受けた。



平成最後のキャットファイトを締めくくるのは若林美保 vs タイガー愛子による『スペシャル追い剥ぎシングルマッチ』!  ストリッパーでありながら、試合では脱がせ上手を発揮して追い剥ぎ女王の異名を持つ若林。身体能力はピカイチのタイガーによる一騎打ちは追い剥ぎというルールを置いておいても名勝負となった。



結果は、平成が終わろうとしても、やはり女王強し! 平成最後の試合に相応しい展開なり、若林が追い剥ぎ成立で試合をモノにした。そして、最後は、この日の出場者が全員登場して大団円にて終了! 

平成は終われども、もちろん、令和でも新しい闘いは待っている。それは、新時代幕開け間もない5月9日から3日間に渡って行われた。次回は、その3デイズ大会の模様をお届けする。


※取材・文/キャットファイトライターゐりゑ

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事