1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. イッてみた!
  5. お座敷キャットファイト

お座敷キャットファイト

アダルトなイベントやスポットに本能の赴くままに行ってみてイッてみる当企画。今回は第一回に訪れた『キャットファイト』の会場に再び潜入!

と、いっても、前回とは趣が違うのだ。それは、前回がプロレスでも使用するリングを使った大会であることに対し、今回はライブハウスで開催されるという。2019年3月27日。 新宿のライブハウス・Rossoにて開催されたキャットファイト団体CPEによる『視姦距離マット祭り-2019 こんばんは!感度良好!!』は、その名の通り、マットの上で行われるキャットファイトだ。そして、大会名にあるように“視姦距離”とは、まさに目の前でバトルが繰り広げられることに由来する。それを比喩して『お座敷キャットファイト』と表現されることもある。





今回は全4試合がラインナップ・どれも好カードが続出で、オープニングから『顔面騎乗マッチ』なるものが行われる。しかもキャットファイターVS男子プロレスラーであり、圧倒的に前者が不利である。事実、キャンディぺろみが何度も男子レスラーに尻を押し付けられ悲鳴を上げる展開が続いたが、観客も分かっているもので、にこやかに見守る。これもキャットファイトの醍醐味なのだ。

第2試合には初代ミニスカポリスの福山理子が登場したが、諸事情により、この試合のみ撮影が禁止となった。その理由は……それは来場者のみのお楽しみということにしておくが、まさか、あんな姿が見られるとは! そんなプレミアム感もライブハウスで行われるキャットファイトならではである。





第3試合はキャットファイト名物の『バナナマッチ』が行われた。これは、股開きフォール(股を3秒間開かせると勝利という、キャットファイト独特のルール)。ギブアップを奪うと『バナナタイム』が派生。 男性が股間にバナナをセッティングして、それをディルドのように使ってセクシーパフォーマンスを行うもの。その行為に対してポイントが与えられ、その高さを競うルールだ。それはさながらフェラであり、しかも今回は目の前でそれが見られるという喜びがある。もちろん、今回も迫力のバナナパフォーマンスを堪能できた。





この日のメインイベントは追いはぎマッチ! つまり、相手が着ている衣類を脱がせ、すべてを追いはいだら勝利というルールだ。追いはぐところは、それはさながら犯すような感じであり、衣類が1枚脱がされるごとに会場の熱気が高まるのが、この試合形式だ。 しかも今回はM@ricaが母乳を発射させるなど、いつも以上にヒートアップ。最後は、みでぃが、まさに最後の一枚を追い剥いで勝利。熱狂の大会を締めくくった。



大きな会場で開催する大会もいいが、ライブハウスのような空間で目の前で繰り広げられるキャットファイトもまたいいものである。4月にも開催されるので、また潜入してみようと思う。


※取材・文/キャットファイトライターゐりゑ

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事