1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 風俗ゴマメ模様
  5. 英会話力は大切だと思わされた悲劇

英会話力は大切だと思わされた悲劇

つくづく英語って大切だと思う。正確には英会話スキルだな。中学校、高校の授業で習う英語は……とくに文法は役にたたないよな~。だって、風俗で遊ぶのに英語で手紙を書く機会ってある? カナダからの手紙も書いたことがなければ、蒲田からの毛ガニも食べたことはない。

英会話スキルが必要だと思うのは、やっぱ2020年の東京大運動会……もとい、オリンピックの開催が近づくに際し、最近、外国人OKな風俗店が増えているじゃないか? 



たとえば待ち合い室で外国人客と一緒になったとする。彼が「このお店は、どんな特徴があるんだい?」と聞かれたとする。そこで「言葉責めと手コキが極上だぜ、ブラザー!」って言えたらカッコ良くね? ちなみに俺は何て言うか知らないよ。知ってたら書いてるから。

で、つくづく英会話スキルが大切だと思ったのは先日のこと。俺、久々にブロンドデリヘルで遊んだのね。お相手はロシア出身の22歳のブロンドギャルで。なんでも来日して3ヶ月ということで「ニホンゴ、ダメデス」と言われ。かといって、俺、ロシア語は完全に分からないし。すると、彼女が「イングリッシュ、リトル」と言ってきた。つまり、英語は少しならばOKだと。二人で「OK♪」となり、良い雰囲気に……事実、彼女の方から抱きついてきてディープキスをしてきた。巨乳を感じ、舌づかいに期待が高まる俺である。

ふぇらになったら、ここは、もっとスゲェやつが欲しい。そう思ったので、「いいやつを頼むよ!」と頼みたい。しかし、「いいやつを頼むよ!」という英語の表現を知らないんだよ、俺は。で、「いいやつ」はNiceでいいよな? 「頼むよ!」はPleaseだろ? ってことはだ。こう言えばいいんだよな?

Nice,Please!

すると彼女は「はぁ?」という表情を浮かべた。まぁ、ぶっちゃけ、ちゃんとした英語じゃないって俺も分かってたし。だけど、伝えたいから、もう一度、「Nice,Please!」と言ってみる。すると、彼女は「なんとな~く、分かった」という感じで「OK」と言ったんだよ。これで以心伝心だよ。これで松BOWだよ! って書いても今の若い人には分からんだろうけど。

さて、シャワータイムでのこと。俺はここでも念を押すように「Nice,Please!」を連発した。すると、「Just a Minute」とのこと。まぁ、これが「待ってて」ってことだって俺でも分かる。すると、バスルームを出ていく彼女。5分ほどで戻り、「OK!」と言った。何がOKなのかは分からん。

さて、ベッドに移ってイチャイチャしてムフムフして、そろそろクライマックスかなぁ~なんて思ってたんだよ。するとチャイム音が……。真っ裸にタオル1枚という姿でドアを開けると、そこにはラブホのスタッフが立っていた、トレーに白飯を乗せて……。しかも2人前だ。

なんすか、これ?」と俺が聞けば、「いや、女性のお客様が注文されたんで……”ライス、プリーズ”って……」

まり、俺がずっと、「Nice,Please!」を連発してたじゃん? それが、「ライス、プリーズ」に聞こえたんだろうね。まぁ、日本人は米が主食ですからね。きっと、彼女は「この日本人、よほど米が好きなんだろうな。さすが日本人ですね」と思ったんだろうね。しかも、何度も「Nice,Please!」と言ってしまったものだから、「そんなに何度も言うのだから、2つオーダーすればOKでしょ!」と思ったんだろうね。……って、冷静に分析してんじゃねぇよ、俺! 

で、俺、性分的に飯を残すことができないもので。結局、プレイが終わる頃にハンバーグとかもルームサービスで頼んじゃってな。プレイが終わって彼女が帰った部屋で一人寂しく完食したよ。何してるんだろ、俺……そんな気持ちとハンバーグのソースのニオイを部屋に残してチェックアウトした俺であった。同時に「英語、勉強しようか……」なんて思ったゴマメ体験であった。


(文=亦滑訓仁:風俗ライター集団F.M.W

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事