1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 風俗ゴマメ模様
  5. 『思わず救急車を呼ぼうかと思っちゃった悲劇』

『思わず救急車を呼ぼうかと思っちゃった悲劇』

なんとなく……という理由しかないんだけど、俺にとって冬は『ぽっちゃり系風俗』の季節だったりする。 ほら、寒い時って、ぬくもりが欲しくなるじゃん? だから、冬になると1回か2回程度だけど、ぽちゃ系風俗を利用するんだ。

ただ、一口にぽっちゃりといっても、いろいろとあって。俺の好みは個人的にはぽっちゃりでもプチぽっちゃりであり、 3桁さん(オーバー100キロ)は遠慮したいんだな。最近では”ポチャかわいい”という言葉もあるようで、俺はそのタイプが好きなんだわ。



そこで先日のこと。都心に冷たい雨が降って、ぬくもりが欲しくなったので某ちょいポチャ専門デリヘルで 遊ぶことにした。あくまでも“ちょい”ポチャだからな! と、いう感じで予約をしたんだよ。

予約時間になった。予約時間が過ぎた。でも、嬢は来ない。店に電話したところ 「もう出ましたし、とっくに着いている頃です」と、蕎麦屋みたいな返答をしやがる。

結局、嬢がやって来たのは、そこから20分後だった。予約時間よりも40分が過ぎている。っていうか、 その前に玄関を開けると壁に思えるほどの巨体があった。おそらく3桁体重だろう。 俺、ちょいポチャを頼んだのに超ポチャが来ちゃってゼェゼェと荒い呼吸をしながら、けっこう濡れている。

雨に濡れたのか? すると、「いえ、汗です!」と言いやがる。さらに「今日、ドライバーさんがいないので タクシーで来たんですけど、途中、渋滞で歩いてきたんです。それで汗かいちゃって……」とのこと。 それで真冬なのに大汗をかいているのか……と、この時点でただならぬ雰囲気を出してたんだけどね……。 しかもゼェゼェ言ってるから、本当は会話の半分が何を言ってるか分からないんだ。まるで力士にインタビューしてるみたいだ。

驚いたのは会話をしていると、時折、コクリ、コクリするんだよ。つまり、会話中の居眠りだ。 ほら、よくあるでしょ? ドリフターズのコントで高木ブーさんがスグに居眠りしちゃうシーン。 まさにアレなんだよ。すると、「すみません、私、太り過ぎなのか、スグに眠くなっちゃうの……」と平然と言いやがる。

プレイは……あらゆる意味で規格外だった。だって、ホテルのバスルームに入るのに、 体を横にしないと入れないんだぜ? 表面積もデカイからシャワーに時間もかかるんだ。 そして、肝心のベッドでは……ギリギリベッドに乗れるんだけど、“圧”が凄くて、結局、スタンディングパイズリで速攻でイカされたりしてな。

実はこの時点で残り時間が1時間……100分コースをオーダーしちゃったもんでな。 それで、嬢は「少しベッドで横になっていいですか?」と言うや否や……寝た!  それでベッド占拠されちゃって、俺は椅子に座ってテレビを観てた(もちろんアダルトチャンネルな!)。

そして、3分もしないうちに爆音が……イビキだ。しかし、3分もしないうちに止まった。 イビキも呼吸も……。その後、1分もしないうちに“グホッ!”という感じで呼吸を詰まらせるという……。

いわゆる睡眠時無呼吸症候群というやつだろう。観察していると、次第に呼吸が止まる時間が長くなってくるんだ。 これはけっこう怖いよ。マジで「このまま呼吸が止まったままで……」と考えてしまう。 だって、顔色も変わるんだもの。それで慌てて起こしたけど、なかなか起きず。 俺、マジで救急車を呼ぼうかと思ったほどだ。まぁ、なんとか起きたから良かったけど……本気で怖かったよ、 1分以上、呼吸が止まっているのを見たら。ぬくもりが欲しかったのに、肝を冷やしちゃったよ、本気で。 皆も肥満には気を付けましょう! ……って、なんで、風俗で遊んでこんなことを書いているるんだろう……と思ってしまうゴマメ体験であった。

(文=亦滑訓仁:風俗ライター集団F.M.W

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事