1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 思い出風俗~遠い日の花びら
  5. 最近の流行りのファッションスタイルを見て思い出した思い出の風俗店

最近の流行りのファッションスタイルを見て思い出した思い出の風俗店

先日、某風俗店の待合室でのこと。お気に入りのキャストさんが30分待ちとのことで、待合室に置いてあった週刊誌を読んでいた。すると、最近、若い男女の間で『ワークマンファッション』が流行っているという記事を見つけた。

“ワークマン”とは全国で800店舗以上を展開する作業服を販売するチェーン店である。つまり、利用者は工事現場などで働いている人が100パーセント近い割合を占めていたと思う、つい最近までは。



それが最近では若い男性はもちろんのこと、女性も、その『ワークマン』で売っているアイテムを普段着として着こなし、『ワークマンファッション』として楽しんでいるという。それだけ、同店で売っているアイテムがオシャレであるということだ。たしかに、作業着ゆえに安くて丈夫なのは魅力的だ。

そんな記事を読んでいて、筆者は10年ほど前に体験した『工事現場イメクラ』を思い出した。それは都内某所のデリヘルなのであるが、“働く女性”をテーマにしていた。そして、そのコースの一つに『工事現場』があったのだ。

予約の電話を入れると、そのお店は「制服のままプレイが始まるので、まずは一人でシャワーを浴びていてください」とのこと。その指示に従い、部屋で待っていると、やって来たのはニッカズボンにポケットの数が多い作業用ベスト、そしてヘルメットをかぶったギャルがやってきた。どことなく恥ずかしそうである。

そんな彼女は「シャワー、浴びました?」と確認をすると、そのまま玄関で即尺を始めたのである。仁王立ちフェラをされてもヘルメットをかぶったままなので、彼女の表情を伺うことはできないが、このヘルメットの下でフェラをされていると思うと、なんとも不思議な感じがした。しかし、せわしなくて突貫工事のようでもある。

そのままベッドへ。彼女は作業服にヘルメットのままであり、なんともシュールなのであるが……ただ、これはこれで、ここでしか味わえない非日常だと思えば多少の興奮はする。そして、このコースのコンセプトは「アナタ(お客)の身体の開拓事業」ということで、未知なる快感を探そうというものがある。それゆえにM性感的なプレイもあって、「前立腺、開拓しましょうか?」と……気持ちいい! しかし、彼女を見ると……そんな、いろいろな思いが巡った。

作業服姿のままの全身リップを受けて、フィニッシュの時間になると、もちろん、彼女は作業服を脱いだ。なかなかのグラマラスボディだ。しかし、ヘルメットだけは「プレイの規定上……」ということでかぶったままだ。それでフェラをされるのは……正直なところ、不思議な光景を見ている感じだし、なんともシュールで……。まぁ、フィニッシュを迎えたけど、とりたてて開拓はされた感もなく、である。

プレイ後、ついついライター心が出てしまい、取材のようにいろいろ聞いてしまった。話をまとめると、このコースは筆者が初めて利用したようで、「ヘルメットは髪の毛がペッタンコになるからイヤ!」というキャストさんの感想であった。昨今のワークマンファッションブームを考えると、今、このコースはアリかもしれないと思い出した思い出の風俗店である。


(文:子門仁)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事