1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 思い出風俗~遠い日の花びら
  5. 東京ドームにプロレスを観に行って思い出した思い出の風俗嬢

東京ドームにプロレスを観に行って思い出した思い出の風俗嬢

先日、1月4日のこと。筆者が主宰する風俗マニアライターズの盟友・亦滑訓仁に誘われて新日本プロレスの東京ドーム大会へ行った。筆者はとりたててプロレスは好きというわけではなく、テレビなどで流れていれば観る程度……という感じである。ちなみに筆者が東京ドームでプロレスを観戦するのはジャイアント馬場氏が御存命されていた時以来ということは二十数年ぶりとなる。「ドームで観ても馬場さんはデカイなぁ〜」と思ったものである。

だからだろうか。今回、座席も座席であったが、リングが小さく見えたしプロレスラー自体も大きいと感じさせる選手が少なかった。その代わり、モニターを見てみると動きの素早い選手が多く、今のプロレスはそれが主流なのかと感じた。大きいことはいいことだという時代ではないのだろうか。



そんなことを思いながらリングを見ていて思い出した風俗店がある。それは10年前のこと。埼玉県の大宮エリアで某デリヘルを利用した時のことだ。その店はいたってスタンダードなデリヘルであり、筆者は何の気なしに予約の電話をしてみた。フリーでかまわないことを告げると、店側から「今の時間、ご案内できる女性の兼ね合いでホテルは〇〇の30〇号室か△△ホテルの5階の部屋のみとなりますが……」と、ホテルと部屋を指定してきたのだ。そこ意外だと案内は難しいとのこと。

いったい、どういうことなのか? 不思議に思いつつも筆者は指定されたホテルを当たってみた。なんとかキープできたので店に電話をすると「スグに伺わせます」とのこと。実際に5分もしないうちに部屋のチャイムが鳴った。ドアを開けると誰もいない……いや、いた。彼女が長身だったので筆者の目線の高さでは彼女の腹部周辺のため、壁に思えたのだ。そう、190センチ近い女性だった。

先に断っておくが筆者が遊んだのは長身 風俗店ではない。それでもやって来たのは長身 風俗嬢だから驚き、思い出に残っているのだ。

そして、かなりの美女で「モデルさん?」と聞けば、「目指しています!」とのこと。なんでも、モデル教室のレッスン料金などが、かなり高いらしく、それで風俗業界でバイトしているとのこと。しかし、ホテルによっては「バスルームの天井が低くて……とくにユニットバス形式のところだと……」ということでお客さんを案内する時はホテルと部屋番号の指定をしているそうだ。本人いわく「スタイルの良さを褒められるのは嬉しいけど、伺えるホテルが好き無いのは……(苦笑)」とのことだったので、当時、都内に数軒存在した長身 風俗店の話をすると「本当ですか! そんな長身 風俗店なんてあるんですか!」と目を輝かせていた彼女。それ以来、その店を利用していないので、彼女自身がどうしたのかは知らないが……。

と、正月の東京ドームでプロレス観戦をしていて、なぜか、長身 風俗嬢のことを思い出してしまった筆者なのであった。

(文:子門仁)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事