1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 思い出風俗~遠い日の花びら
  5. 大豊作だった思い出風俗

大豊作だった思い出風俗

筆者の家の近所には農家が多く、最近、夏に向けてさまざまな野菜の栽培が始まったようだ。パッと見た感じではナス、キュウリ、トマトといったところだろうか。今から夏の収穫が楽しみになる……と思うと同時に、20年ほど前に出会った風俗嬢を思い出していた。

それは池袋でのこと。筆者の思い出話に何度も登場するように、当時の都内の風俗店は未許可店が暗黙の了解として存在していて、その店もまさにそれであった。



いわゆるマンションヘルスなのであるが、受付を済ませて、別の階の指定の部屋に行くというスタイルであった。迎えてくれたのは、当時の筆者よりも少し年上で、お姉さんタイプの美人だった。 通された部屋には最低限の生活用具が揃っている。そう、当時、このようなマンヘルで働いている女性の中には、さまざまな事情を抱えてプレイルームになっている部屋に住んでいるケースが多々あったのだ。 その生活感が女性のリアルを際立たせているようで、筆者は嫌いではなかったが……。

プレイはスタンダードなヘルスプレイだったと記憶している。ただ、ベッドは普段、彼女が使用しているので、彼女が使っている香水の香りが染みついていて、そこに「女のコの部屋に遊びに来ちゃった」という感じがして、絶妙な興奮を誘うのだ。 だから、嫌いじゃなかったのだ……という思い出の話ではない。

一通り、プレイが終わってのこと。彼女がおもむろに、「お兄さん、一人暮らし?」と聞いてきた。その通りだと答えると、「ちゃんと栄養、取ってる?」、「偏った食生活はダメよ」と言い出してきた。 まるでお姉さんというよりも、おふくろという感じである。そして、彼女は窓を開けてベランダに出て何やら作業を始めた。戻ってくると、ザルにナス、キュウリ、ミニトマトが乗っていた。 そして、それをスーパーマーケットでもらうような手提げのビニール袋に入れて、「これ、私が育てたんだ。持って帰ってね。ビタミン、ちゃんと摂りなさいよ」と渡してきた。やはり、完全におふくろのようである。

そう、彼女はプレイルームがあるマンションの部屋のベランダで家庭菜園を行っていたのだ。なんでも、「少しでも食費を抑えたいから」と、ベランダでプランターでできる野菜を育てていたのだ。 なるほどなぁ~と思いつつ。ナスとキュウリは“正しく”使われていたのだろうか?  あるAVのオ〇ニーシーンを見ていたら、そんなヨコシマな考えも芽生えてきた筆者であった。ちなみに、その野菜ではサラダとパスタを作ったような記憶がある。近所の畑を見ていて思い出した思い出の風俗店であった。


(文:子門仁)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事