1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 思い出風俗~遠い日の花びら
  5. 大掃除をして思い出した“思い出風俗グッズ”

大掃除をして思い出した“思い出風俗グッズ”

今回は思い出の風俗店の話ではない。しかし、風俗にまつわる思い出話である。 先日、筆者が主宰している風俗ライター集団F.M.W(風俗マニアライターズ)の事務所を少し早いが大掃除をすることにした。

その際に倉庫の奥を物色していたら、とんでもない“ブツ”が見つかった。 それは『フードルトレカ』なるもので、ようするに風俗嬢のトレーディングカードである。 もちろん、商品として販売されていたものだ。箱を見る限り、1998年発売のものである。つまり、20年前のものだ。



当時の時代背景を考えてみると、ちょっとしたトレカブームだった。 トレカは前述のようにトレーディングカードの略で主にスポーツ選手やタレントの写真がプリントされたカードである。 販売形態は1パックに数枚が封入されていて、購入して開封するまで、どんなカードが封入されているか分からないのだ。 その中にはレアカードも有り、それが1枚ン万円でトレードされるケースもある。 当時のお宝ブームも相まって、いろいろなトレカが発売されたと筆者は記憶している。



同商品は、そのフードル版であり、当時、業界をブイブイ言わせていた風俗系出版社がプロデュースしたものだ。 ちなみに当時は他社も付録として風俗嬢トレカを付けていた雑誌を出していた。それほどトレカブームだったのだろう。 しかし、トレカ単体で販売したのは、コレだけじゃないだろうか。



内容は当時、人気だった風俗嬢がカード化されているわけだが、現在同様に当然のことながら顔出しがOKな女性のみだ。 そのため、一人の風俗嬢が複数種類のカードになっている。ジャンル的にはヘルス、SMなど、おそらく版元のクライアント店の在籍嬢だろう。 店名を見てみると今は無い店ばかりだ。それは当時は暗黙の了解だったものの、後の浄化作戦で摘発された未許可店だったからか!?

察するに、おそらく当時はカードを持って店へ遊びに行き、そのカードの嬢を指名したのだろうか。 スポーツ選手のトレカにそうするようにサインでももらったのか? もしくはキスマークを付けてもらったかもしれない……と推測してみる。

なお、カードに書かれた店名を見て、風俗マニアライターズのメンバーと 「あぁ、この店で遊んだことがある」、「お、この店は取材したことがある」といった会話をしてしまうのは、 20年経った今ならではの楽しみ方だろう。……と思っていたら、某メンバーが「俺もこの女のコと遊んだよ、“先週”だけど」と驚き発言をした。 さらに「その人、たしか24歳だったよ、プロフィールでは……」と言うではないか。 ちなみにカードが発売されたのは20年前ということは……ただただ苦笑するしかない。

20年ぶりに発掘(?)された風俗嬢トレカを見て思ったのは、このような物が販売されるということは、 現在よりも風俗産業が日常に寄り添っていたのかもしれない。 思い返してみると、「そういえば!」ということがいくつか出てきた。その話については次回にしたいと思う。

(文:子門仁)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事