1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 関係者が明かす風俗
  5. テーマ『ブロンドデリヘルの店長に訊く!』

テーマ『ブロンドデリヘルの店長に訊く!』

キャストさんとのコミュニケーションは…

風俗で遊んでいて、もちろん楽しいけど「めっちゃ気になる〜!」ってことはありませんか? 当企画では風俗業界の裏を覗き見しようと、あらゆる角度から迫ります♪

風俗業界で根強いブロンド風俗店。セクシーな金髪美女との戯れは男の夢の定番の一つでしょう。都内にもいくつかのブロンド風俗店がありますが、振替一切無しの安心して遊べる優良店として知られているのが『渋谷ロメオ』!



コチラのお店はヨーロッパや南米出身のブロンド美女が在籍。けっこうな多国籍なのでフと疑問に思ったんですよ。

「こういう多国籍ブロンドデリヘルの店長さんって、何ヵ国語を話せるのか?」

いや、だって、そうでしょ? スタッフさんとキャストさんのコミュニケーションって、お店を円滑に運営するためには必要不可欠なことじゃないですか? 当然、店長さんはバイリンガルどころか何ヵ国語も話せるハズ……。そう思い、K店長を直撃してみました。

「Buenas tardes!」
「Boa tarde!」
「Guten Tag!」
「Heg!」


店長:……え?

お〜っと、いきなり、まさかの展開だ。ちなみに上からスペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、スウェーデン語で「こんにちは!」と言ったのに、店長のリアクションがこれですか! これで本当にキャストさんとコミュニケーションが取れているんですか?



店長:あぁ〜、そういうことですか(笑)。実は当店のキャストは全員、日本語がペラペラなんですよ。だから、外国語を操る必要もないですし、何よりもコミュニケーションの心配が無いんで、お客様も安心して遊ぶことができます

なるほど〜、そういうことなんですね。

店長:そりゃあ、細かいニュアンスが伝わらないこともあるし、それぞれの国民性がありますから、説明が難しいこともありますけどね。たとえば、国によっては日本のように風俗店が無いところもありますし、そのシステムを説明するのも大変な時もあります

ちなみに、風俗店が無いゆえに個人経営でサービスをする国もあるとか。もちろん、これではリスクは高いし、それゆえに「日本は安心して働ける」というキャストさんも多いとか。だからこそ良いプレイになるのでしょう。



しかし、店長さんとは日本語でコミュニケーションを取れても、やはり、キャストさん同士になると、たとえば同じ国出身同士となると母国語での会話になるのでは?

店長:そうですね。ただ、うちのお店って、あまり国がかぶってないんです。だから、いろいろな国の言葉のミックスかも。それでもスペイン語が多いのかな?

ところで。よく、外国に住んでいると、最初はその国の言葉を理解できなくても、ある日突然的に相手が何を話しているか分かったというエピソードが多々ある。K店長にも、そういう現象は起きたのだろうか?

店長:会話となると全部を聞き取ることができない場合もありますけど、基本的に単語は分かるようになったので、それを並べて“あ、こういうことを言ってるな”って理解できるようにはなったかな、という感じです

と、いうことで、「多国籍ブロンドデリヘルの店長さんって、何ヵ国語を話せるのか?」という疑問の答えは、こんな感じでした。

(取材・文/亦滑訓仁)

取材協力
渋谷ロメオ

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事