1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 風俗嬢インタビュー
  5. 変態じゃない人間って、いるのかなって思ってる

変態じゃない人間って、いるのかなって思ってる


サイト上のプロフィールだけではわからない……彼女たちの本音を聞いてみる風俗嬢インタビュー。

風俗のジャンルはどれも奥が深いものですが、その中でも特にディープな世界だと言われているのがM性感ではないでしょうか。たとえば、“M性感”を掲げるお店で遊んだら、大阪と東京では内容が違っていた……という話はよく聞くことです。 そこで、今回は北海道・北見エリアで話題のM性感店『Philippe Petit(フィリッププティ)』を運営する凌(りょう)さんにお話を伺ってみました。M性感には、いろいろな形があるそうで……。深い世界の話なだけにロングインタビューです。


―――まず、お店の名前の由来を教えていただけますか。

凌:大道芸人の名前です。大好きなんですよ。命賭けで ビルとビルの間を綱渡りするクレイジーな芸をする大道芸人なのですが、彼からインスピレーションを感じまして。 当店でのプレイも、まるで綱渡りのようにドキドキハラハラした刺激的な時間を提供したかったから、2016年6月1日にオープンした時に命名しました。

―――凌さんがM性感の世界に入ったキッカケは?

凌:7年前になりますが、良いM男に出逢ったんですよ。男を責める楽しさを感じたんですね、私。その男とは今も続いています。



―――そもそも『M性感』とは、どんなものなのでしょうか? エリアによって違いがあり過ぎると思うんです。

凌:と、いうのは?

―――たとえば大阪の場合は痴女(キャスト)は基本的に脱がない、言葉攻めと手コキでフィニッシュ、つまり、局部へのリップサービスは無し……というのが、定義になりつつあります。しかし、他エリアでは必ずしもそうではなく……という感じですよね?

凌:なるほど。私が思うに、M性感は、とても幅広い風俗のジャンルです。お店の細かなコンセプトやキャストによって出来るプレイ幅も変わるでしょう。基本的には、“女性優位の女性主導”ですよね。お客様が優位になり、キャストを責める事は出来ません。ここが基本で。女性に責められたいフェチ男性や受け身男性、マゾ男をリードして快楽へ誘い込む……そして、頭の中から身体まで気持ちよくなれるのがM性感の世界です。私はそう思いますね。



―――身体だけではなく、脳でも感じると?

凌:挿入するだけのつまらないセックスよりも、脳みそを使って気持ちよくなれる事でもあるのね、M性感って。互いが性癖を理解し、または 性開発に了承を得れば可能プレイの奥行き幅広さが生まれるんですね。私には、それがとても魅力的な世界です。

―――北海道のM性感事情は?

凌:中心地の札幌を含めて、とにかくM性感の専門店が少ないです。だからオールラウンドというか、オーダーリクエストは、非常に幅広くなりますよね。当店でもお客様のオーダーでプレイ内容も変わります。私自身はお客様の色んなリクエストに応えたいんですよ。そして、その上をいく快感を提供したいなと。お客様は男はちんぽだけでイクと思ってるならちょっとびっくりするかもしれません(ニヤリ)。当店は局部奉仕ありますが局部へのリップサービスが必ずあるわけではありません。だけど、ドライオーガズムと言った射精を伴わない絶頂もあれば、頭で感じる幅広いフェチプレイを用意しています。ハードなSMもソフトなSMも、女装してデートもあります。私は、なんでも一緒に性を心から楽しみたいと思っています。



―――凌さんがお店を運営していくうえで大切にしていることは?

凌:この仕事をしていると、オーダーがあれば変態マゾ男には、毎日出会います。意外にマイノリティな変態ってどこにでも居るの。もしかしたら、これを読んでる方や記者さんだって 実はエロ変態の域にいるかもしれないですよ。だから、逆にね、お店に変態は当然、遊びにくるし、世の中に、変態はいるって私は知ってるから。そもそも、変態じゃない人間って 本当に、いるのかなって今は思ってる。 「自分は変態じゃない!」と思ってる人間でも、ちょっと試しに…で遊びに来たら、どハマりしたりするから(ニヤリ)。自分はノーマルかも……って相手こそ、恥ずかしいかも知れないけど、たくさんカウンセリングして、その人の内側を紐解く事を大切にしています。

―――そんな凌さんが最近、凝っているプレイは?

凌:凝っているし、オーダーが多いのは“咀嚼プレイ”なんですけど……。



―――は、はぁ……。

凌:記者さん、その様子だと理解できていないですよね?(微笑) いっそのこと、今から体験してみますか? きっと、未知の世界へ行けると思いますよ。



※インタビュアーより
とにかく奥深き世界だなぁ〜というのがM性感の印象です。そして、この後、咀嚼プレイを体験することになりますが……これがスゴイ世界なのです。その模様は近日中に当サイトの『風俗体験潜入レポート』でご紹介します! お楽しみに!

(文:三戸玲)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事