1. 風俗大衆JointStyle
  2. TOPTOP
  3. ニュース一覧
  4. 風俗嬢インタビュー
  5. 「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」

「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」

「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」

サイト上のプロフィールだけではわからない…… 彼女たちの本音を聞いてみる風俗嬢インタビュー。 今回は先月にオープンしたばかりの葛西のホテルヘルス『葛西風俗三代目ド淫乱倶楽部』に在籍する一ノ瀬ゆきさん(37歳 T158B85(B)W57H84)を直撃! 実は当サイトの『風俗体験潜入レポート』に登場していただいた時のこと。本来はそのコーナーだけの出演予定でしたが、けっこうエロ面白いエピソードをお持ちのようなので、急きょインタビューを決行することにしたのです。一見すると清楚な淑女といった感じの彼女の淫らな一面をどうぞ!

―――まず、先日、オープンしたばかりの『葛西風俗三代目ド淫乱倶楽部』は、どんなお店ですか? ゆき:まず、店名の通りですよ。とにかくド淫乱なプレイを楽しめます(笑)。メインが私服姿でスタートする即プレイコースなのですが、私自身、お客様が待つホテルの部屋の玄関の前でドキドキが止まらなくなりますね! ―――そうですよね。目隠しをして何をされるか分からないというシチュエーションは女性として緊張しますよね。 ゆき:はい、まさに。玄関の前でドキドキし過ぎて……ドアをノックする時点で……(照)。 「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」 ―――も、もしかして、濡れてるんですか? ゆき:けっこうな確率で(微笑)。やはり、何をされるか分からないのは本来は不安ですけど、お店のプレイだとエッチなことをされるという前提じゃないですか? そうすると緊張と同時に「今日は何をされるのかしら?」というワクワクもあって、アソコが……(ニヤリ)。 ―――オープンして約1ヵ月ですが、どんなプレイが印象的ですが? ゆき:(即答で)全部! 印象的という点では「性癖って人それぞれ違うものなんだなぁ~」って思って。いろいろな性の個性を持ったお客様に出会えておもしろいです。たとえばオプションでリモコンバイブがあるんですけど、そのスイッチを入れるタイミング一つをとっても、お客様それぞれの個性が見えるというか……。「え? このタイミングで押すの?」とか「いきなり!?」みたいな(笑)。私自身ちょいSなのですが、プレイではお客様次第で楽しんでいます。 「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」 ―――なるほど~。ゆきさんは落ち着いた大人の女性の雰囲気があって経験が豊富そうですが……変わったエッチ体験ってありますか? ゆき:OL時代のことですが、部署違いですけど同じ会社に彼氏がいて……夜のオフィスでやっちゃいました(笑)。 ―――もちろん他の同僚の帰宅後ですよね? ゆき:まぁ……そんな感じですけど、小さいオフィスなので、いつ、誰が何かの用事で戻ってくるかもしれないというスリルが良かったですね~。もちろん、机に手をついての立ちバックです(ニヤリ)。 「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」 ―――なにが“もちろん”なのか分かりませんが(苦笑)、なんだかAVみたいで想像するだけで、もうワンプレイいけそうです! ゆき:延長します?(笑) あとは、普通に車の助手席で……って感じですかね。それと……(この先の話は編集部判断で自粛します)。もちろん、誰かに見られているかもしれないというスリルはあるんですけど……そういうシチュエーションって、(エッチに)あまり集中できなくなるので、いかがなものかって思うんですけど……。 ―――さんざん、やっておいてですか?(笑)だけど、それでも感じてしまうと? ゆき:もちろんです(ニヤリ)。でも、私、こういうエロいことに興味が深まったのは30歳を過ぎてからだから、エロキャリアはまだまだですよ。まぁ、これからもお客様を果てるまで、尽きるまで気持ち良くしたいですけどね。『葛西風俗三代目ド淫乱倶楽部』は、まだオープンしたばかりだからイロイロな可能性があると思うんです。だから、これからもお客様と刺激的なことを追求していきたいです。ぜひ、遊びに来てくださいね! 「実は玄関ですでに濡れていることもあるんです……」
※インタビュアーより
淑女の口から衝撃な証言がたくさん出てきて驚きでした。実はあまりにも過激すぎて掲載自粛をしたエピソードもあったりします。それが何なのかは……ぜひ、彼女に会って聞いてみましょう! それ以前にとにかく刺激的なプレイを楽しめるので、ぜひ、『葛西風俗三代目ド淫乱倶楽部』を体感してみるべし!

女の子のページへ

(文:亦滑訓仁)

同じカテゴリーのオススメ記事同じカテゴリーのオススメ記事

同じタグのオススメ記事同じタグのオススメ記事