11月1日 風俗大衆リニューアル β版はコチラから
モアグループ
角海老グループ

風俗ゴマメ模様

『夏の天気に振り回されちゃった悲劇』

2018年08月08日

『夏の天気に振り回されちゃった悲劇』

2018年……平成最後の夏ってことだからじゃないだろうけど、異常すぎる暑さだったよな! おかげでクーラーがガンガンに効いているホテルが恋しくてデリヘルまくった俺である。

しかし、ここ数年、夏だけではなく1年を通じて日本の天気はどうかしてるぜ? そう思いません? 数年前の夏に北海道へ行ったんだ。目的は避暑だった。で、秘書系風俗店遊ぼうと思ったんだ、すすきので。しかし、東京以上に猛暑であり、「なんで、俺、札幌で汗だくなの?」みたいな状況になったもんな。

あとはゲリラ豪雨も増えた気がしないか? いきなり空が暗くなったかと思ったらドバーッって雨が降ってきてさ。なんなんだろうね、最近の天気は。まぁ、ラブホという空間でエッチなことをしてたら外の天気なんか関係ないんだけどね。

……と、言っていられなくなったことがある。昨年の夏のことだ。取材がてらに大阪へ行った。で、ビジネスホテルに泊まったんだけど、夕方に時間が空いたんでデリヘルを呼んだんだ。これが極上の別嬪さんでお嬢様タイプだった。それでいて、関西弁で気さくな感じが”大阪のキレイなお姉さま”という感じでストライクゾーンバッチリ! さらに、プレイもキスから全身リップの流れがバツグンだった。

とにかく、舌テクがハンパじゃないんだよ、そのキャストさんが。夏の暑さ以上に俺の股間がホットになたのは言うまでもない。あとはフェラか素股でスッキリするだけ……となる寸前のこと。部屋の中が一瞬、鮮やかな光に包まれた。そして、雷鳴が……夕立だ。ビジネスホテルでちゃんとしたガラス窓だったから部屋の中に閃光が差し込んだんだな。

その瞬間、女のコが「キャッ!」と声を出して密着していた俺から離れた。そして、「うち、雷、アカンねん!」と泣きそうな顔になっていた。その顔が、まぁまぁキュートなんで思わず萌えてしまったのだが……「ほんまにアカンねん!」と、掛け布団をかぶって顔を隠してしまったんだな。

夕立と雷は思ったよりも続いた。5分経ってもピカピカしているしゴロゴロしてる。で、俺の股間はモヤモヤ。だって、女のコは相変わらず布団をかぶって震えているし。プレイの再開を促しても「アカン、あかん!」と連発するし。その間、何度、雷鳴が鳴ったことだろうか。

ちなみにデリヘルのプレイ中のことなので当然のことながら全裸である。だから嬢は頭だけを隠して尻丸出し状態である。ついでに言えば、四つん這いだからアソコも丸出し……っていうか丸見えだ。本来、エロいんだろうけど、シュール過ぎて、俺、笑いが込み上げてきちゃったんだよね。すると、「人がマジで恐がってんのに、何がおかしいねん!」とマジで泣きながら怒る嬢。俺が雷を落とされちゃったよ、テヘ。そして、その間も雷は鳴っていた。

数分後、雷とは違う音が部屋に響いた。それはタイマーの音だった。つまり、プレ時間終了の合図だ。え? まさか、これで終わりか? すると、嬢は「終わりやね~」と布団をかぶったまま言っているし。マジか! 俺のフェラタイムはどうなる? 夕立とはいえ、俺の勃ちはどうなる? 少し頭にきたので、嬢がかぶっていた布団を引き剥がした。すると……布団をかぶって蒸れて汗をかいたのと泣いてたからだろうね。化粧が落ちてさっきまでの彼女とは別人がいた。俺が萎えるほどに……。

店に電話をいれると「次回、半額にしますわ」と、やけに明るい声で言われた。俺、大阪在住じゃないし、次回は無いって! それ以来、俺も雷がイロイロな意味で怖くなった。



(文=亦滑訓仁:風俗ライター集団F.M.W

風俗大衆 厳選名店

  • 神戸マキシム
  • 秘書と社長
  • アロママーメイド 池袋本店
  • モアグループ
  • エステ花満開

TOP