ただいま難波店
マキシム

風俗ゴマメ模様

不自然なアレが外れる悲劇

2016年12月29日


失敗というものは自分の過失によって起こるものが大半でしょう。
しかし、風俗では、どうやら相手の過失によって引き起こされることも多々あるようだ。

それは8年前のこと。
俺は大阪のデリバリーM性感店で遊ぶことにした。
やって来たのはKさんというスレンダーな痴女だ。
しかし、何か違和感を覚えた
それは一発で分かった。
髪の毛だ。
もっと言ってしまえばウィッグ……オッサンに分かりやすく教えるとしたらカツラなのだ。

実は、これ自体はおかしくないことだ。
と、いうのも風俗ライターをやっていると分かることなんだけど、働く女性にも当然のことながらプライバシーがあって、当然のことながらそれが守られるべきである。
だから、たとえば、自店のサイトのプロフィール写真を撮影する時や取材時にウィッグを着用している女のコがけっこう多いんだな。
たとえば本来、ショートカットなのにロングにしたり。
その逆もしかり。

とくに関西に多い傾向に思えるんだけど、撮影前に“かぶる”女のコが多い。
また、関西の女のコは顔を隠す際に口元を隠して目出しするパターンが多い。
「口の形は変えられへんけど、目は化粧でバッチリごまかせるやん!」ということが理由だ。

話を戻す。
俺は彼女の頭髪に違和感を持ったが何も言わなかった
そして、ランジェリー姿になった彼女を見ると、けっこうな数の“お絵描き”があった。
まぁ、痴女、女王様にはよくあることだ。
俺は気にせずにペニスバンドで背後から突かれた。

しばらくすると、Kさんが「もっと恥ずかしいことをしよう」と、俺を洗面台の前に連行した。
そして、立ちバックの状態で激しく背後から突いてきたのだが……ズレてくるんだよ、ズラが
洗面台ということで鏡があるから、背中越しにズレてるのが分かる。
ぶっちゃけ、その様子が面白くて、俺、笑いを堪えるのに必死になってしまってさぁ。

しかし、その数分後、思いもよらぬことが起きた。
ズラが落ちたのは想定外だったのだけど。
その下に隠れていたのがスキンヘッドで。
しかも、頭皮に般若心経のタトゥーなんだよ!
なんでも、彼女、パンクバンドを組んでいるらしい。
ちょっと恐くなって委縮してしまった俺。
もちろん、股間がね。
その結果、イクことができなかった……。

たしかに嬢選びを失敗したのは俺だけど、過失は明らかに彼女のほうにあると8年経った今でも思うのだが……。

(文=亦滑訓仁:風俗ライター集団F.M.W

風俗大衆 厳選名店

  • ぷるるんギャング
  • マダム西船橋
  • モアグループ
  • ピュアコス
  • ゴールドハンズ神田店

TOP