マキシム
角海老グループ

思い出風俗~遠い日の花びら

○○な割引があった風俗店

2017年01月06日


風俗大衆の各店舗のニュースをチェックしていると、「いろいろな割引サービスがあるんだなぁ~」と感心してしまう。
やはり、風俗にとって割引は嬉しいものだし、割引率の高い風俗店は何度でも通いたくなってしまうものです。

個人的には横浜を拠点としている風俗店が、プロ野球のご当地チームであるベイスターズが勝ったら割引というサービスには大注目でしたね。
ぶっちゃけ、野球って興味無いけど(苦笑)、その風俗店が好きだったゆえに勝敗が気になって仕方なかったものです……。

ただ、時には「え?」と思ってしまう割引がある風俗店に出会うこともありまして。
こんな割引をする風俗店があったよな~……と、今でも思い出すのが2年前に関西某所で遊んだM性感店でのこと。

正直なところ、Mっ気があるのでM性感が好きだし、“その割引”にもチャレンジしてみようと思った。
なんでも、「痛みが伴う割引」なのだという。

しかし、個人的には同じ痛みでも肉体的よりも、言葉責めなどで罵倒される精神的な痛みの方が好きだ。
少しビクビクしながら店に申しでると、「お客様、本気ですね?(ニヤリ)」と受付スタッフに言われた。
また、この日のお相手の痴女にも「ホンマにチャレンジするん?」と少し引き気味に言われた。
そして、「ほんなら、股を開いて仁王立ちになってや」と、足を肩幅程度に開き、立った。

次の瞬間、「ウッ!」と唸って……というか悶絶してしまった。
そして、その場に膝から落ちた。
なぜならば立っていられないほどの激痛が走った。
どこに? 股間に! なぜ? タマキンを蹴られたからだ!

そう、この風俗店の割引は『金玉蹴り割引』なのだ。
1発耐えたら1,000円引き、2発耐えたら2,000円引き……と、耐えるほどに割引額が大きくなるのだ。
これはM男向けの風俗店だと実感したが、いざ、自分がチャレンジしてみると、案の定、一発で轟チンしてしまった次第。

今でも、「こんな風俗店があったよな~」と、つぶやいてしまうほど、インパクト絶大な『キンタマ蹴り割引』は、イロイロな意味で個人的な思い出風俗である。
もちろん、再度挑戦するようなことはないだろう(苦笑)

(文:三戸玲)

風俗大衆 厳選名店

  • おかあさんグループ
  • ティンカーベル
  • 大和屋 鶯谷店
  • かわいっくす
  • 池袋で求められる俺のカラダ(補填)

TOP