社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
おかあさんグループ

チン百景 いきなり!フーゾク

間口が狭すぎて気付けなかった いきなり!フーゾク

2018年02月07日

風俗街ではない普通の町並みの中に突然的に「いきなり!」現れる店舗型風俗店がある。そんな風俗店を『いきなり!フーゾク』と呼び、追求していくのがこのコーナーだ。

間口が狭すぎて気付けなかった いきなり!フーゾク


あれ? 間違っていないハズなのに、無いではないか!

筆者は、その時、困惑していた。場所は千葉県船橋市の某所である。理由は知人から某所に『M』という良い店舗型ヘルスがあると聞いていたから。「きっと子門さんの求めている『いきなり!フーゾク』な店ですよ!」とのこと。それは行くしかないだろう。だから、その駅に降りたのだ。しかし、である。「いきなり!」どころか、ウンともスンとも現れないのである。

失敗の経緯は、まず、知人から店名を聞いていないこと。「ロータリーを出て左に歩いて1分」という曖昧過ぎる説明しか受けていなかったことだ。1分以上、歩いても見つからない。5分ほど歩き、仕方なく来た道を戻る。逆側から見れば見つかるかもしれない……そんな想いを抱きながら。しかし、見つからない。そこで、道の反対側へ渡って見てみると……あ、あった! 「いきなり!」というか人目を避けるように気付かせない空気が、そこにはあった。

間口が狭すぎて気付けなかった いきなり!フーゾク


気付かなかった理由は一目瞭然だった。ビルの2階にあるファッションヘルスなのだが、1階は居酒屋で、それが目立つ。さらに、一応、ヘルスの看板が路地に置いてあるのだが、それが目立たない。さらに2階へと続く階段への入り口が狭いというか細いのだ。五十路が見えて肥満気味の筆者は正面を向いて上ると両手が壁に当たるほどだ。なので、少し斜めになって2階へ……。

スタッフさんは良い感じの紳士であり、初めてあることを告げると丁寧にシステムを教えてくれた。15時前の来店ということで30分で小8枚とオーソドックスな感じだ。そして、待合室だが……先述のように肥満体の筆者は窮屈さを感じてしまったが、清潔感があって良い店の予感大だ。

数分で呼ばれて部屋へ。まず、服を脱いでから別の場所にあるシャワールームへ。なんだか、昔ながらのファッションヘルスという感じで懐かしい感じがする。ちなみに女のコは27歳とのことだが、まぁ、風俗年齢というやつだろう(苦笑)。それでもスタイルは良いし、サービスもなかなかのものだった。30分で丁度良い位のペースで繰り出すフェラの前に発射してしまった。そして、驚くことに「うちの店、無制限発射ですけど?」と2回戦を求められたが、筆者の年齢では無理だろう。丁寧にお断りして部屋を後にした。

間口が狭すぎて気付けなかった いきなり!フーゾク


狭い階段を下りて店の外へ出た。商店街の中にあるので買い物をしに来た主婦が行き交うが、まさか筆者が風俗で遊んだと気付く人は少ないだろう。それほど、目立たずに「いきなり!」という感じで存在する『M』は、なかなかの名店であった。


(文:子門仁)

風俗大衆 厳選名店

  • 池袋おかあさん
  • ダイヤモンドクラブ
  • アニヒロ
  • この人、痴漢です!
  • おかあさんグループ

TOP