シャトーペトリュス
奥様鉄道グループ

関係者が明かす風俗の裏側

風俗・赤裸々与太話 [本当にあった困った話-ラブホテル編]

2016年05月01日



前回までのお話しはこちら

「ラブホテル」「ファッションホテル」「ブティックホテル」・・・呼び方は色々ありますが、
男女の情事のためのホテル。
(最近は、ホテル難でご旅行でご利用される方も多いとか・・・)

最近は、ひと昔と違い設備もサービスもかなり充実し、露天風呂にミストサウナ、シャンパンやカクテル・エステを頼めるホテルまで・・・
かなりゴージャス仕様のラブホテルが増えています。

そんなラブホテルの事情の中で、まだまだご健在なのが「風俗御用達のラブホテルさん」

では、この「風俗御用達のラブホテルさん」、一般的なラブホテルさんと何処が違うのでしょうか?

外装→古め(昭和な面影)
内装→古め(昭和な面影・壁紙が剥がれていることも・・・)
設備→ベット(掛布団無し多し)・お風呂・シャワー(ユニットバスの場合あり・少々、蛇口などに故障があったり、排水口がしばしば詰まっていたり・・・ちなみ、白鳥は、昔、蛇口が取れたことがありました(^^;))
サービス→フロントは素っ気ない方が多い。たまに何故かキレられる(苦笑)。
料金→風俗のコース時間に合わせた時間利用が可能。リーズナブル。

とこんな感じ(笑)

それでは、その「風俗御用達のラブホテルさん」でのお話をひとつ。

とある真冬のある日。
そこは、都内某所の人気の「風俗御用達のラブホテルさん」

以前に伺った際、玄関を開けようとしたら、なんと!ドアノブがもげた(^^;)
老朽化度合はこの地域で1、2を争う。女性の間で話題のホテルさんだ(苦笑)

こちら、情報通によると、2~3日前からボイラーの調子が悪いらしい。

今日もこちらのホテルへ向かう。

ドアノブがもげることなく(笑)、快調にお部屋に到着。

お客様と最初のお風呂もふつうに入り、ローションプレイも喜んでいただき、このまま、
何事もなく楽しい時間は過ぎてゆくはずだった・・・。

プレイの終わりを告げるタイマーが鳴り、談笑しながら一緒にお風呂へ。

赤い目印が付いたお湯の蛇口を回す。

あれ?あれ?あれ?(お湯が出ない?)

しばらく様子を覗う・・・やはり、お湯が出ない(;O;)

「○○さん!お湯が出ないんですよ~(困泣)」

「えっ?お湯出ないの???どれどれ。」(お客様、蛇口を回したり締めたりして、確かめる)

「本当に出ないね(困)フロントに電話してみるね!」

(○×△・・・××△△○・・・・)

どうやら、数分前にボイラーが完全に壊れたらしい (;゚Д゚)アボ―ン!

と、という事は、シャワーは真水!本日は、気温1桁代の真冬日。

しばし二人で悩む。
しかし、いくら悩んで見ても、二人の体はローションまみれ。
シャワー無しでは帰れない、服も着られない。

そして、考えた結論!「気合いでシャワーを浴びる!」

お客様と目配せし、いざ、極寒の真水のシャワーへ!
(もはや、荒行。何の修行だ・・・)

「えぃ!」「きえぃ!」と、気合いを文字にした言葉を、半ばやけくそのように叫びながら、
全裸の男女が極寒の真水シャワーを浴びる(苦笑)
(お風呂場は、この時エロとは無縁の滝行の場。お客さまも目が必死。)

気合いが高じて、なんとかシャワーを浴びローションを落とすことが出来た。

人間、為せば成る。何事も経験。

しかし、この経験により、この後、お客様と白鳥は、ホテルはちゃんとしたとこにしよう!と心に決めたのだった(笑)

爆乳熟女AV女優の白鳥寿美礼
2011年11月にタカラ映像『兄嫁すんごい乳房 白鳥寿美礼』でデビュー。2016年の現在も武器であるKカップのおっぱいを振り回してしぶとく活動中。  在籍:新宿 O.t.o.n.o (おとの)

風俗大衆 厳選名店

  • CLUB 虎の穴 青山店
  • マキシム
  • 性龍門
  • 花もよう
  • アムール

TOP