神戸マキシム
Revenge

関係者が明かす風俗の裏側

風俗・赤裸々与太話 「風俗嬢が教える!女性のからだの秘密と秘訣(基本編)」

2017年07月09日



前回までのお話しはこちら

梅雨も後半ですが、まだまだ気温の変化も激しく体調壊されていませんか?
これから夏まっさかり、どうか、お体をご自愛くださいませね♪

さて、今回のお話。
女性歴も長くなると(笑)、殿方から、性に関する切実なご相談や質問をいただきます。
その中でも、けっこう多いのが、コレ!「女性のからだ」のこと。

例えば、一番多いのが「どうしたら、女性は気持ちよくなるの?」ということ。

その他は、細かいことだと
「あんまり気持ちよくないって言われた」
「痛いって言われた」
「彼女(奥様)が、エッチに乗り気じゃない…」

などなど

最初にこの類のお話を聞いた頃は「相性の問題なのかなぁ?」と私も世の中の見解と同様に思っていたのですが、どうやらよーく覗いて見ると本質は違うところにある模様。

では、この先はそのこと「女性のからだ」について詳しくお話を進めていきましょう♪

まず、大前提に、最初から もともこもない、とんでもないことを言いますが(苦笑)、
男性が女性のからだを100%完全に理解する&熟知するのは無理です(;゚Д゚)
↑コレ、大事!(^O^)/

なぜならば、逆にいえば、女性が100%男性のからだを理解するのも無理だからです。
というのも、4桁の男性経験を更新し続ける私でも、どんなに追い求めても、未だなお、完璧に理解は難しい。良くて70~80%ぐらいです。

なので「ずっと解らないもの」を頭の中の大前提にすると、逆に異性の扱いに長けてきます。

実際に「自信も大してないし、わかんないもん♪」とぬるりと言っている男性の方が、ツボを心得ていたりするものだったりします(笑)
↑の理由は、この後、追々、解説します。

ここからが本題。

その1 AV(アダルトビデオ)と現実(生身の女性)を切り分けよう!
AV女優の私が言うのもなんですが…
AVは、エロのいいとこどりの集大成で「見せるもの」「作品」という目的の元、エロを際立させたパフォーマンスが盛り込まれて作られたファンタジーです。
なので、これを現実世界の女性にそのままリンクするのは不向きです。
例えば、AVである野外プレイを現実世界でやってしまうと大目玉をくらうことになったり。
いきなりハードプレイを要求して、慣れない女性が引いてしまったりと…
不具合が生じます。

◆その2 男性と女性では体の強度が違う
個人差はありますが、一般的に男性は筋肉が付きやすく、骨格も太く、体力があります。
女性は、筋肉が付きにくく、骨格も華奢で、体力が男性に比べありません。
また、皮膚は男性の方が厚く、女性は薄いのです。
そのため、男性がふつうだと思う力の加減でも、女性にとっては強く感じたりすることがあります。
なので、女性に触れるときは、あなたが思うふつうの半分以下の力の加減から触れてみてください。

◆その3 男性と女性では快感・オーガズムの質と強さが違う
男性は質。女性は量。
違う言葉に置き換えると男性の快感の強さ、女性の快感の長さを好みます。
もっとわかりやすく言うと、男性は激しく、女性はじっくりが好きということになり、男性は直感的な興奮に重きを置き、女性は時間をかけて高まる興奮に重きを置きます。
なので、女性を感じさせたい時には、丁寧な愛撫が心をつかむ秘訣かも。
ちなみに、オーガズムですが、女性に比べ男性が強いそうですよ。
「女の人はたくさんイケていいなぁ~」と思っているあなた、実は1回の気持良さは男性が上なんですって♪

続きは次回に。


爆乳熟女AV女優の白鳥寿美礼
2011年11月にタカラ映像『兄嫁すんごい乳房 白鳥寿美礼』でデビュー。2016年の現在も武器であるKカップのおっぱいを振り回してしぶとく活動中。
在籍:新宿 O.t.o.n.o (おとの)

風俗大衆 厳選名店

  • 奥さま日記 日本橋店
  • マダム池袋
  • LOVE SCENE
  • ティンカーベル
  • 奥さま発情の会

TOP