おかあさんグループ
品川しろうさぎ

男の性講座

マンネリセックスは「見せる」「言わせる」「聞かせる」で解消

2016年03月08日

あなたも『荒ぶる神』になれる!?3つの約束

さて、皆さんの中に10年以上同じズリネタでマスをかいてるという変質者はいらっしゃるだろうか?
そして、そのズリネタが「古女房」だという戦士はこの世に何人いらっしゃるのでしょう。
もしそんな御仁がいらっしゃるのなら、それは変質者ではありません。
後光を放ち暴れ狂う「荒ぶる神」といえましょう。

しかし、皆さんの多くは、女房を前にしたらズリセンをコクどころか、
大事なオツトメ時にもキンタマがピクリとも動かないという方がほとんどだと思います。
いったい何が原因か? ズバリ「飽き」です。つまりマンネリですな。

それは女性の側、つまり古女房も同じこと。
いや、事態はもっと深刻です。
気が向いた時に“おい、ちょっとケツ貸せ”って言われて、まだ濡れてもいないうちに挿入して2、3回腰振って終了。これじゃあ、やりたくもなくなります」(40歳・主婦他多数)
こんな具合に女房のほうも旦那のオザナリでマンネリなセックスにうんざりしているのです。
実際、今やセックスレスの悩み相談のほとんどが夫からのもので、内容は「妻がやらせてくれない」というもの。
古来より「体の距離は心の距離」と言われているようにこのままでは、遅かれ早かれ夫婦関係に危機が訪れます。
そこで今回は、長年連れ添った腐れ縁のパートナーと久しぶりにヨロシクやるための秘策を伝授しましょう。

大事なのは参加意識です。
貴殿の前で多くの女がマグロになっているのは、女がセックスでの参加意識が足りないからです。
そこで、今から3つの魔法をご紹介します。

「見せる」
参加意識を高めるために、まずは女に「セックスの全貌」を見せてあげましょう。

男と違い女は自分がどんなエロいことをしているのかの全体図を見ることができません。
彼女の目に映るのは臭い息を顔面に吹きかけながら白目を剥いて汗を垂らす貴殿の不細工な顔だけです。
これじゃあ、感じるものも感じません。

そこで
女に手鏡を持たせて
いやらしい部分を鑑賞させてやりましょう。


手鏡を渡されて最初は躊躇していた彼女も、口の周りをマン汁だらけにしながらクンニする貴殿の姿やチンポが抜き差しされる結合部を見て大興奮すること間違いなしです。
しかも体位によって様々な猥褻が楽しめます。
バックなら貴殿のキンタマがまるで生き物のように弾ける様を拝めますし、その流れの背面騎乗位ならハメられながら「アヘ顔ピース」を楽しむこともできるでしょう。

「言わせる」
手鏡を使って参加意識が高まった女に今度は「何が見えるか」きちんと聞いてあげましょう。

このときに大事なのは
女にはできるだけ「丁寧語」を使わせる
ことです。

普段、二人の間で使わない言葉遣いをすることで新鮮な気分になれることもメリットですが、
助平なことを丁寧に言うと、不思議なくらい女に背徳感を味わわせることができるのです。
「マ●コにチンコ入ってる」
ではなくて、
「おマ●コにおチン●ンが入ってます」
と言わせるのです。
この時「お」をつけるのがポイントです。
これにより、彼女の秘めたM心が覚醒します。

「聞かせる」
「見せる」「言わせる」行為によって
彼女の股間からは異常ともいえるほどの愛液が溢れています。
手鏡でそのテラテラ光る大量の愛液を見せながら、ことさらにピチャピチャ音を立てて突いてやりましょう。

助平を目で見て、口で言い、さらに耳で聞くことで
彼女のエロ脳は極限を超える
はずです。

猥褻な音を聞きながら、白目を剥き、口から淫乱に舌を出し、はしたなく腰を振りながら女は何度も果てることでしょう。

女房でできない場合は、この風俗大衆に掲載の風俗店で試してみるのもいいでしょう。

その場合、事前に手鏡を持参して良いかどうかの確認を忘れずに。


読者諸兄の検討を祈ります。

次回 10日(木)は
「女の変態妄想まとめ」
です。

おたのしみに!

風俗大衆 厳選名店

  • メンズエステ五反田
  • エステ花満開
  • 出張あおぞら治療院
  • ゴールドハンズ神田店
  • マキシム

TOP