十恋人
角海老グループ

風俗体験潜入レポート

熟れ熟れボディに吸いこまれそうなくらいアソコがビショビショ嬢 ~風俗体験潜入レポート#108~

2015年07月06日

人生で最も簡単に吹かせた類の潮

忘年会シーズンのこの時期、何かと風俗に行く機会が増えるよね。
こういう時期の風俗ってあんまりいい思い出がない。なんつーか、忘年会のシメに同僚や友達とノリで行ったり、忘年会でしこたま飲んでわけわからなくなって行ったり、いつもより散漫な気持ちで風俗に行くもんだからハズレ引くことも多いのよ。

この日だってそう。「金ケチるくらいなら帰ってオナってた方が得策だ」ってわかってるのに、気がついたらとある熟専のパネルの前に一人で立ってた。
コミコミ1万円ポッキリの店のパネルの前で「価格とビジュアルは比例する」なんて噛みしめながらさ。

わざわざしんどい思いして選んだのが36歳(実年齢は39歳だった)のY嬢。もちろん待ち時間なんてないよ。2、3分経ち、名前を呼ばれた。エレベーターの前で待っていたのは、パネル(で見たバランス)よりもポッチャリとしていて、パネル(で受けた印象)よりも全体的に小柄で、パネル(から予想したもの)よりがっかりなルックスの女性。

ホテルに入り、部屋に入って少しトークをした後、シャワーへ誘われる俺。顕わになる嬢のボディ、こりゃなかなかのポッチャリやん。愚息が頭を垂れているのはお酒のせいかな。

嬢はしきりに「M気質やねん」と言っていたが、お酒のせいかな、まずは嬢に攻めてもらうことにした。乳首から舐められる。うーん、舌づかいはなかなかのものだね。さっきまで頭を垂れていた愚息も息を吹き返しそうだ。現金なやつで助かったよ。嬢の舌が徐々に下に降りていき、息子に到着する頃にはちゃんとボッキしていた。

元気よく挨拶する息子を咥えこむと、嬢の口の中で舌が絡みついてくる。
さらに奥深くまで咥えこみ、喉の奥に当ててくる。ディープスロートってやつね。これはなかなかのテクニックやん。

「私、M気質やねん」
どうやら攻守交代を求めているようだ。

ここは攻めるしかない。
大きめの、しっかりとした食感の乳首をコロコロと攻めると敏感に反応する熟れたボディ。
乳首を攻めつつ、我が息子でアソコを刺激すると、吸いこまれそうなくらい洪水になっている。

そして、なんと、こんなこと初めてで俺も戸惑ったのだが、軽く息子がアソコに触れたその刹那、なんと、「パシャッ」と潮を吹いたのだ。
一瞬何が起こったかわからなかった。

フェラするだけで後のことを考えて濡れてしまって、そんなに攻められてないのに潮を吹いてしまうことがしばしばあるらしい。
そんなこんなで絡みあっているうちに、嬢の潮で冷たくなったシーツが心地よく感じるほど俺の体は熱気を発していたよ。

安い、けど見た目はイマイチ、だけど結果、プレイは悪くない。でも、気持ちの上下動が激しかったのはお酒のせいかな。

FB指数は50点

風俗大衆 厳選名店

  • 奥様鉄道グループ
  • かわいっくす
  • 横浜いきなりビンビン伝説
  • モアグループ
  • 奥様club華美 岐南店

TOP