雄琴さくらん
秘書と社長

風俗体験潜入レポート

ローションプレイは極上気分間違いなし ~風俗体験潜入レポート#107~

2015年07月05日

気の早いサンタと交わっちゃった

小雨パラつく神戸の色町・福原。雨粒がネオンで跳ねて煌めいてとてもきれいで、そして、そんな情緒的な光景が間近に迫るクリスマスを嫌でも思い起こさせるよ。こんなシーズンに男が独りで「新開地」駅で降りるなんて、モロだよね。わかってるんだけどさ。

向かった先は、湊川公園からすぐのひときわ明るい「T」。もちろん、事前に空きの確認の電話をしてある。店までの道のりも頭に入っている。いつも以上に無駄なくヌク。
「福原+クリスマス+独り」のもの悲しさが俺を目的の達成へとかき立てる。

こんなシーズンだからか、慣れ親しんだはずの風俗の受付も違って見えるよ。黒服に若干すごまれているような気がしたんだけど、気のせいかな。問題はなかったよ。お相手は25歳のM嬢。「T」歴4年目らしい。いい感じかな。

待合室で待っていると「こんにちは~」。見上げるとそこにはキュートな女の子。ルックス、とてもいいじゃない。一見した感じ、細身ながらしっかりとおっぱいの膨らみもあり、これはスタイルもいいぞ。あとサンタの帽子かぶってる。M嬢に案内されてプレイルームへ。BGMはStevie Wonderの「Someday At Christmas」…。いや、いいんだけどさ、このクリスマス押し、独りでソープに来た普通の男は嬉しいものなのかね。

軽めにボディタッチし合いながらトーク。そしてまずはお風呂へ。
M嬢「乳首が弱いんですぅ」なんて言うもんだから早速コリコリしてみる。

「はぬーん」
感度良好ですね。
「吸うよりも舌で舐められるのがいいんです」
止まらない、乳首感度良好アピール。
「下はもっぱらクリトリス派なんです」
「先っちょ感じる派なんだね」
実際こちらも感度良好ですわ。

それからクルクルクルっとローションを撒き撒きしながらマットの準備。ソープ以外にエステの仕事もしているというM嬢のローションプレイは気持ちよかった。

うつ伏せになりながら背中でM嬢の乳首を感じる。こちらを気持ちよくするというよりむしろオナニーなんじゃないかと思うくらい、自分で感じてる。

仰向けになり、こちらの乳首も攻めてもらいつつ、下も口撃してもらおう。
小さめのお口で必死に咥えこみ、ご奉仕する姿がかわいい。とくるとお次はもちろんお待ちかねの……。もう濡れちゃってんだなこの淫乱サンタさんはよ?

ちょっと我慢できなくなってきたね。ベッドに移って本格的にいこうかな。
ベッドでは再度、ひと通り攻めてもらっていい感じになったとこで攻守交代。感度良好な嬢は攻め甲斐もあってプレイが盛り上がるね。クリを舐めながら指で中を攻めるとイッてしまったようだ。

もちろん、最後はガンガンとドッピュンコ。
「来月で卒業しちゃうのでそれまでに絶対また来てくださいね!」

俺の流儀としてリピートは基本ないんだけど、また来たくなったね。

店を出る際、先ほどのボーイが今度はすごむことなく「傘お持ちじゃないですか? 良かったら持っていってください」って。ありがとう。
でも、外に出たら雨は止んでいたよ。雨から俺を守る必要のなくなった傘は、俺の指先でくるくると回っていた。今なら言える、「メリークリスマス」

FB指数は80点

風俗大衆 厳選名店

  • アトリエなにわ
  • モアグループ
  • ルパン
  • マダム大宮
  • LOVE BOAT

TOP