角海老グループ
ビギナーズ

風俗体験潜入レポート

Tバックパンティをずらして感触を味わう ~風俗体験潜入レポート#106~

2015年07月04日

Let‘sポジティブ!

遊べるのであれば安く遊びたい。風俗ファンにとっては共通の、そして切なる想いだろう。
しかし、ここ数年、個人的に都内中心部の風俗で遊ぶことが以前よりも高く感じることがある。理由は多くがデリヘル・ホテヘルであり、その利用費が……。

と、いうのも、現在の状況になる以前は、店舗型でなくても、店が用意したプレイルームがあり、その分、割安だったのだ。ちなみに、この行為は推奨されないことであり、現在のスタイルのほうが安心・安全に楽しめるのはいうまでもない。

で、今回、潜入するのは、都内某所で『ホテル代込で1万円!』というコースがある『T』というデリヘルだ。この価格は格安である。しかし、プレイ時間はどうなの?と思えば、シッカリと45分もある。

と、いうことで店に電話をしてみる。
「ホテル代込みとはどういうシステムですか?」と私。すると、このコースのカラクリがわかった。「45分のコースは8,000円でして。お客様には2,000円のホテルを探していただきます」とのこと。

なるほど……って、おい! たとえショートタイム利用でも、ここは都内某所である。その価格のホテルを探すのは至難の業では? 「レンタルルームがありますよ」とシレッと言う店スタッフ。
レンタルルーム……もちろん、否定はしない。しかし、大抵が2畳に満たないスペースであり、シャワーは部屋の外に設置されている……という環境である。

「ねぇ、これじゃあお仕事のモチベーションが上がらないでしょ?」と、私は派遣されたHちゃんにズバリと聞いた。
なぜならば、そのレンタルルームの一室は畳1枚分ほどのスペースであり、お世辞にもキレイとは言えないからである。事実、私はテンションが下がってしまった。

「そんなことないですよぉ、お仕事があるだけでも嬉しいです!」とHちゃん。ポジティブでなかなか良い子ではないか!

シャワーは一度、部屋の外に出るのだが、フと思った。
「このスタイルはこれで店舗型ヘルスみたいじゃん!」と……。すると、テンションが少しずつ上がってきた私。

さて、プレイであるが、部屋全体がベッドという感じのレンタルルームの一室なので、体勢を入れ替えるのも一苦労である。が、しかし!
「でも、この密着感がよくなくないですか?」とHちゃんが言った。なるほど! そうポジティブに考えれば、この空間も心地良くなってくるではないか。
「せまいスペースを効率的に使うには、このスタイルが一番良くなくないですか?」とギャルっぽく言ってきたHちゃんは、シックスナインの体勢になった。

私の目の前にあるのはTバックを装着した彼女のプリっとしたヒップである。そのTバックパンティを少しズラして、彼女の秘処に舌を這わせる。すると、「あぁ~ん!」と悶えるHちゃん。スペースがせまいだけに、その声がよりエロく響く。もしかして、これはレンタルルームならではの醍醐味なのではないか?

「このままイッてもいいですか?」と、Hちゃんに聞かれ、体制を変えてテンションが下がるのもなんだし、密着感満点のままフィニッシュを迎えることにした。
溢れ出す彼女の淫汁がTバックを濡らし、同時に私の鉾先も限界を向かえ、Hちゃんとの熱い夜を終えた。

せまい空間で男女が二人で荒い吐息を何度も交わしたせいか、二人の肢体が汗ばんでいたほどである。

火照った身体をクールダウンさせながら、彼女のポジティブさに自分も元気になり、帰路についた私であった。

FB指数は85点

風俗大衆 厳選名店

  • スウィート・キッス
  • ぴゅあ&レディ
  • チェックインバービー
  • プレイボーイ
  • アムール

TOP