ルーフVIP丸の内
十恋人

風俗体験潜入レポート

一生懸命「ちゅぱちゅぱ」 ~風俗体験潜入レポート#73~

2015年05月14日

週末エロインに会えるか!?

最近、風俗に行く機会が多い。友人に誘われるケースが大半で、今回もその流れでした。場所は神戸随一の風俗街・福原。ウワサで聞こえた歓楽街はいかに?

福原は風俗の中の至高でもあるソープの街。多少値が張っても行く価値があると友人のアドバイスに従い、料金が少し高めの『E店』を予約しました。わくわくしながら入店。予約していたので待つこともなく嬢が登場。

『H』という女の子で、ほどよい年頃の26歳。身長は155cmという小柄でめっちゃキュート。
「では行きましょう」と手を引かれエレベーターで彼女の部屋に向かいました。この時が最高に緊張と興奮を感じます。

「飲み物は何にされますか?」
見た目がキュートな彼女は声色もキュート。年齢の割におぼこい声色で、妹にしたい風俗嬢、いや風俗嬢にしたい妹、どちらもおかしいか。声色はおぼこいが接客はしっかりしているので尋ねてみると「昼間はOLやってますよ~」。なるほど、そりゃ対応がちゃんとしているわけだ!

「お風呂入ろっ」
う~ん、かわいいですねこりゃ。一緒に湯船に浸っているとおぼこさから一変、上に乗ってきました。おっ? と思うや否や濃厚なキス。しっかりと舌を絡めてくるので早くも勃起です。意外と大胆なんやね、と聞くと「お仕事ですから」そりゃそうだ。

ようやくベッドイン。キスのお礼に、と彼女の乳房を舐める。身長は低いけれど大きい、そして柔らかい。
乳房を揉みながら乳首を舐めると「ダメダメ」
あれ? と思い聞いてみると「乳首、めっちゃ弱いんです」
弱いってそれ性感帯やんか、ということでまたしても乳首に食らいつきました。
「う~ん、う~ん、ん、ん」と徐々に感じて始めているご様子。この感度に僕も興奮してきました。

すると彼女は感じながらも「私もお仕事させてください」とムスコにやさしくキス。おりょりょという間にぱっくりと咥えこまれる我がムスコ。そのフェラのテクは上級ではないけれども、丁寧で好感が持てます。
小さい子が丁寧に一生懸命フェラしている姿ってたまらないですよね。
「ちゅぱちゅぱ」というかわいい音がまた興奮させます!

このままではと思い再度、乳首を攻めると
「ダメですって本当に!」
「なんでダメなん?」
「感じすぎるからですよ、それに乳首を攻められると下が締まるようで……」
なんという素晴らしいカラダでしょう。

「好きな体位は何?」
「正常位……です」

これにはたまらず僕も上になり「もういい?」と尋ねると、こくんと小さく頷いてくれてテンションはマックス。彼女を見下ろしながら腰を振りまくりフィニッシュ! あっさりとイッてしまいました。

「今度は指名したいな」と言うと。
「基本的に週1回、入るか入らないか、なんで。次お会いできたらラッキーです」と彼女。
昼間の仕事が忙しいのかと尋ねると「夜はこれ以外にスナックで働いているんです」
なるほど、きょうは本当にラッキーだったんですね。彼女は顔出しNGなので指名が難しいそうで残念です。1つうれしい情報は、その週1回は土曜だと教えてくれたことです。早くこいこい土曜!

FB指数は79!

風俗大衆 厳選名店

  • Revenge
  • バツイチクラブ-Diary-
  • ハニースター
  • 五反田回春エステ 39
  • 胡蝶蘭

TOP