Revenge
角海老グループ

風俗体験潜入レポート

レロレロムチューのディープキスからのフルコース 風俗体験潜入レポート#68

2015年05月08日

川崎・堀之内の観音様にドッぴゅぴゅーん、ピュン!

オレ様の今日のターゲットは川崎・堀之内のソープA。早朝から12時までの間に嬢を紹介してもらえれば、「50分15000円」が早朝割引により13000円でドッぴゅぴゅーん、ピュンできるリーズナブルな店だ。
…しかし到着したのは11時50分。幸か不幸か、女子高生の肩をマクラに気持ち良く爆睡し、電車を乗り過ごしてあわてて引き戻ってきたオレ様だった。

割引を半分あきらめていたが、幸運の女神、いや観音様はオレ様を見捨ててはいなかった。
「この2人ならすぐ案内できますよ」と目隠しなしの写真を2枚差し出し、「Aちゃんは明るい、Kちゃんはおとなしい感じ」という店員さん。
写真ではちょっとぽっちゃり見えるKちゃん(18歳)と、小柄でスレンダーボディのAちゃん(23歳)。

「こっち、いや、こっち。うーん、やっぱりどっちにしようかなぁ」
と、優柔不断なオレ様がさんざん迷った挙句選んだのはAちゃん。アキレ顔の店員さんに黄色い番号札をもらい、小奇麗な待合室へ。出されたおしぼりで顔を拭き、これまたサービスのウーロン茶でフーウッと一息。

一服しながらスマートフォンでAちゃんをチェック。お店のホームページの紹介には「小柄でスレンダー美人。高級店出身のテクニシャン」と書いてあった。ウヒョー、高まる期待。ドッぴゅぴゅーん、ピュンできる予感。

やがて「ローション付いちゃって、髪がまだ濡れたままなの」と、やけに色っぽいセーラ服姿でお出迎えのAちゃん。
「まったくもって、かまいません」とオレ様。

部屋に案内されるやいなや早速お風呂へ。ソープを泡立てるAちゃんを眺めていると、ん、お尻の下に何やら文字が…。どうやらサンスクリット語のようだ。
「仏様って意味だよ」とAちゃんは教えてくれた。

「神様にもいろいろあってね、仏、如来、菩薩、明王、天とかあるんだよ」
「フムフム、勉強になるなぁ」
「阿弥陀如来とか大日如来、薬師如来、釈迦如来とか…」
「オレ様はAちゃんの観音様がいいなぁ」

「ばかぁ、じゃこっちに来て」とAちゃん。スケベ椅子でアワまみれになりながら講義の続き。
「観音様にも千手観音とかいろいろいるでしょ。そういう神様の一番上にいるのが仏様なの」
ナニを隠そう、じつは御仏の道を知るオレ様。もはやドッぴゅぴゅーん、ピュンどころの雰囲気じゃない。

「あんまり詳しくないんだけどね」と、いいながらマットの上でもAちゃんの講義は続く。「私が神様だったら人間に試練を与えるよ」
「試練?」
「禁酒、禁煙、禁欲。オナニーは許そうかな。それができたものだけを、私が相思相愛の最高のカップルにしてあげるの」
「ふーん」と生返事のオレ様。
「アッ、時間なくなるね。イクのはベッドが良いよね」と講義中断。

ベッドの上でAちゃんは豹変。レロレロムチューのディープキスにはじまり、オレ様の敏感な乳首に吸い付き、股間にもレロレロパックン。もちろんオレ様の息子はFB、暴走モード。今日の講義の締めくくり、Aちゃんの観音様をご拝謁。

「これがAちゃんの観音様かぁ」
「ばかぁ、ハ・ヤ・ク、キ・テ」
「はーい」
「あーんッ」

あぁ、光が見える、至福の瞬間はすぐそこだ。

「アッ、アン。もうイッテ―」の声にラストスパート、ドッぴゅぴゅーん、ピュ。ん? イッた感はあるのにイッた跡がない…。不思議だ。
「それは身体と心がずれて、精神だけ先にイッちゃったんだよ」と、小さくなった股間をやさしく触りながらAちゃん。彼女の観音様に合掌するオレ様だった。

FB指数は75点

風俗大衆 厳選名店

  • アニヒロ
  • プレジデントオアシス
  • プチドール
  • クラブハーツ
  • エルフィン

TOP