シャトーペトリュス
奥様鉄道グループ

風俗体験潜入レポート

埼玉県で一番熱い風俗はココ!!! ~風俗体験潜入レポート#53~

2015年04月23日

西川口の泡の国でのすべらない話……

「ここがかつて、かの噂の"ご当地サービス"で賑わっていた西川口なのか?」

西川口……数年前までNK流がもてはやされ、埼玉県で一番熱い風俗タウンだったが、今はどうだろう? かつてのいかがわしさが消えてしまった気がする。もちろん、風俗店はあるにはある。だから健全に遊べるということになったんだろう。まぁ、今回、俺が目指すのは『A』というソープなんで、ご当地云々は関係ないんだけど。

さて、その『A』というソープであるが、まず女の子の在籍数が西川口屈指なのだという。
受付で「なるほどね」と、うなずく俺。
「当店は写真指名は無料ですので…」とスタッフから差し出されたパネルの数は7枚。しかも、次から次へとお客さんが入ってくる。それだけ人気の高い証拠というやつだろう。

結局、俺はパネルの中で一番の巨乳だったH嬢をチョイス。理由は、前述のように巨乳だったから。なんと、Gカップ!「こりゃ楽しみだわ~!」と、独り言をつぶやきニヤニヤする俺。
ちなみに時間の都合で60分コースで御代は2万円だったが……。

このコースだとマットプレイは無いとのこと。
「せっかくのソープなので……」と、マット付きの90分コースを推してくる。しかし、時間的な問題で断念せざるをえない状況だと伝えると「かしこまりました」とのこと。

さてさて、待望のH嬢とのご対面である。お迎え用のドレスに包まれていても分かる巨乳……ついつい視線は谷間へ。
それを感じたのか、「まだお預けですよ」とニッコリ微笑むH嬢。
どことなく、好感度ナンバー1タレントの関○麻里に似ているので興奮する俺。

「本日は60分コースなんですね……う~ん、残念! わたし、マットプレイが好きなんですよぉ」とH嬢。たしかに、そのバストが俺のカラダを縦横無尽にツルツル駆け抜けるのを想像しただけでモッコリしてしまう。

「でも、大丈夫ですよ~。だって……」と、バスルームでニッコリしたH嬢。カラダを石鹸の泡で包み、密着してきた。どうやら、マットは無くても泡踊りはあるようだ。
もちろん、彼女のGカップのバストがムニュムニュと気持ちイイ! 正面から抱きついてくるバージョンもいいのだが、背後から抱きつかれ、背中に感じるGカップバストが何とも言えないほど……こりゃクセになりそうだ!

「メチャクチャ気持ちイイよ!」と言うと、「じゃあ、もっとしちゃおうかしら?」とH嬢。今度はGカップバストを押し付けながら、背後から俺の肉棒を弄ぶようにイジる。

当然のことながら俺のイチモツはガッチガチに硬くなり、ガマンの限界に達しようとしていた。それを見かねたH嬢は「じゃあ、ベッドに行きましょう!」とニッコリ。
それにしても、このガッチガチ度……もちろん、H嬢のテクニックもあるが、超級雷電王のおかげかもしれないな~、と思った俺。

ベッドでのH嬢は「こんなに硬いの……美味しそう!」と、ジュポジュポと音を出しながらフェラをしてきた。舌が硬くなった肉棒に絡みつき、さらに硬くなっていくのが分かる。そろそろ限界が……。

「じゃあ……いいよ!」と、俺のすべてを受け入れてくれることを許してくれたH嬢。
究極の密着を味わう中で、彼女のGカップバストが激しく揺れ、俺により激しい興奮を与えてくれたのは言うまでもない。俺は遠慮なく熱いものを出し切った。


帰り際に「今度はマットも楽しみましょうね!」とH嬢。
たしかに、彼女のボディを考えると、マットプレイはやりたかった。今回、テレビ番組風に一言で表現すれば、「すべらなかった」に尽きる。それはマットが無かったから……ではなく、それほど彼女のテクが絶品だったからだ。そして、たとえマットプレイがあったとしても、すべらないだろう。

なので、続きはまた明日……とはいかないが、今度はマットプレイも堪能できる90分以上のコースにしようと思った次第だ。

FB指数は80!

風俗大衆 厳選名店

  • 大阪ミナミ女子校生はやめられない
  • マダム池袋
  • アトリエなにわ
  • 横浜いきなりビンビン伝説
  • マダム新宿

TOP