おかあさんグループ
雄琴さくらん

風俗体験潜入レポート

金星(きんぼし)、つまり超美人がコキコキ ~風俗体験潜入レポート#52~

2015年04月22日

銀座で金星と甘く濃厚な時間を……

意外といえば意外、だった。それは東京都中央区銀座でのこと。『銀座』というとショッピングの街であり、流行の発信地的なイメージがあったボク。
「いわゆる艶香を感じるスポットは高級クラブ程度で、ヌキ処なんて無いでしょ!」と友人に言ったところ、アッサリと否定された。

なんでも、銀座発のデリヘルが存在するという。
なんとなく興味を持ったものの、「料金が高いんだろうな~、銀座なだけに」と思ってしまう。しかし、検索してみると確かに中には超高額店もあるけど、都内平均値の店もある。

そこで某店舗を選んでみた。この店は60分で2万円という、ボーナス後のボクには無理なく遊べる金額だ。なによりも、ホームページを見る限り女性のレベルが高そうなのだ。それでこの価格……こりゃ遊ぶしかないでしょ!

さっそく電話する。そして敢えてフリー指名にしてみた。理由は前述の通り、どの女性もレベルが高く、誰が来ても"当たり"だと思ったからだ。

「はじめまして。よろしくお願いします」
そう挨拶をした女性を見て驚いた。やって来たN嬢は、まるでモデルのようなスレンダーな体型。それでいて、バストDカップで、くびれたウエストがまぶしいパーフェクトなボディラインの持ち主である。

いわゆる金星(きんぼし)、つまり超美人である。これが銀座クオリティというものなのだろう。その銀座クオリティは彼女のテクニックもであった。

「どんな夜にしましょうか? ウフフ……」と微笑む表情は、吸い込まれるようなクールさであり、視線が重なるだけで彼女の世界に引き込まれてしまう。

そして、まずはキスからだが、当然、ディープキスである。
「キスはエッチのご挨拶じゃない? ご挨拶はしっかりしないと」と、上品に笑うその表情は、いわゆるクールビューティーというやつだろう。

続いての全身リップも、丁寧ながらも情熱的だ。
一言で表すとしたら『大人のオンナ』ならではの余裕が成せるワザとでも言おうか。とくに乳首を舐めながらイチモツをイジったり、背後から抱きつきながら乳首を指で弄びながら耳を舐めつつ、あま噛みしてきたりと、常に刺激的な責め方をしてくるのだ。

「四つん這いになってくださるかしら?」と、突然言い出したN嬢。
「何をするんですか?」と思わず聞いてしまったボクに、「こういうことよ、うふふ……」とアナルを舐めてきた。それは、舌が生き物のように這い、ボクのアナル周辺を刺激していく。その快感に恥ずかしい話であるが、腰がガクガクしてしまい、半腰抜け状態になってしまうほどだ。

「私も舐めていただけますか?」とN嬢が言ってきた。と、いうことでシックスナインの体勢に。まず、彼女の秘密の花園はキレイなピンク色で、少し舐めただけでジワリと淫蜜があふれ出してきた。どうやらパーフェクトなボディは敏感ボディのようである。

そして、彼女のフェラは肉棒をジックリと嗜むようにペロリ、ペロリとスローに舐めてくる。と、思えば、いきなり淫らな音をたてながらハードにしゃぶってくるのだ。
「美味しいわ、うふふ」とエッチな笑みを浮かべながら、そう言ってくるN嬢。そして、「舐めるのに専念させてくださいね!」と、シックスナインの体勢を解き、フェラのみとなった。

彼女は目を合わせながらしゃぶってくるのだが、これがもう最高!
これが銀座クオリティなのだろう。瞬く間に肉棒は膨張し、ガマン汁が溢れだす……だけでは終わるハズはなかった。そう、彼女の口の中に発射してしまったのだ。

「たくさん出ましたよ」と微笑むN嬢。
その笑みは銀座のネオンのように華やかで、もう一度、プレイしたいと思った次第。

FB指数は98!

風俗大衆 厳選名店

  • 十恋人
  • モアグループ
  • 雄琴さくらん
  • スウィート・キッス
  • クラブハーツ

TOP