品川しろうさぎ
Revenge

風俗体験潜入レポート

仁●仁美似が「アソコに指を入れたままイッってイイですよ♪」 ~風俗体験潜入レポート#43~

2015年04月13日

某タレント似の超敏感娘との五反田の夜は更けて……

突然ですが、東京の風俗街って、それぞれけっこう特徴があると思います。たとえば吉原といったらソープだし、大塚ならば熟女とのハードプレイ…といった感じだ。

で、久々に五反田に足を運んだ。『五反田』、といえば個人的には、SM店が多い地域に思える。だって、いかにも「風俗嬢です」って嬢が大きなガラガラを引いてるのをよく見るし。きっと、道具の多いSMだからだろう。そう思ってしまうのだ。

しかし、ケータイでチェックしたら、けっこう若いコだけが在籍している店があるんですね。じゃあ、遊んでみよう! ってな感じで『N』というデリヘルに電話をしてみる。……ん? 出ない。サイトをよく見ると、営業は夜になってからである。なぜならば、この店は普段は普通のお仕事をしている女のコのみが在籍。それゆえに、その仕事が終わってからの出勤なので夜になってからのオープンだという。

なるほどね~、タイミングを外されたと思いつつ、逆に期待が高まったのも事実。と、いうことでオープン時間を15分ほど過ぎたところで電話をしたら、なんと! すでに予約でイッパイ。早くとも21時からの案内になるという。
なので、マン喫で時間を潰していると店から電話が……。どうやら嬢を用意できたようである。ホテルでの部屋で待っていると仁●仁美似の清楚なA嬢が登場!

ハッキリ言って大当りの予感である。

さて、結果であるが……順を追って説明すると、まず、このA嬢、なんというのだろうか。ソツが無いというか、一歩間違えると得てしてサービスが機械的なのだ。シャワーひとつにしても、なんというかイチャイチャ感に欠ける。せっかくの美女なのに……だったら、こっちから仕掛けるしかない! そう思い、キスもコチラからディープに迫る。

「うぅ~ん……」と、かわいらしい声で悶えるA嬢。その声と表情が相まって、かなりエロいのだ。

じゃあ、続いては乳首だろ! そう思い、舐めると……ハッキリとした態度ではないが、やんわりと拒否するように舐めさせてくれないA嬢。

「ごめんなさい。わたし、乳首が感じ過ぎて、くすぐったくなっちゃうの……」とのこと。

じゃあ、今度は下のほうでしょ……と、A嬢の股の間に顔を潜らせる。そして、クンニ開始……。しばらくの間、「アァ~ン、もぉダメ!」的な悶え声を出しながらカラダをくねらせていたが……。

突然、「うぅっ!」と唸ってしまったのはコチラである。
クンニなのでA嬢のアソコに舌を突っ込んでいたのだが、突然、絞められたのだ。それも、かなり締まりが強い!
「ごめんなさい、わたし、感じるとカラダに力が入ってしまって、アソコもギュッとなっちゃうんです……」と、恥ずかしそうに打ち明けるA嬢。

だから、あまりにも感じやすいので、サービスが事務的になりがちだったのだ。そして、「ほら…」とコチラの指をアソコに突っ込ませて「あぁ~ん」という声と同時にギュッ。いわゆるマン力というヤツがパネェほど強い! 指だけで、こんなにキツく感じるのだから、禁断の行為をしたら、さぞかし……と妄想してしまったが、デリヘルなので、もちろん御法度である。

「だったら、わたしのアソコに指を入れたままイッってイイですよ♪」とA嬢。そのままフェラをしてきたが、股間ではたしかに彼女がしゃぶってくれている快感が。そして、指先にも彼女のアソコの"締まり"が……そんなダブル快感が交差すると、その気持ち良さで頭の中が真っ白に!

そして、A嬢も指入れでイキまくる。それはまるで仁●仁美とエッチしているようでもあり、かなりの興奮度!
結局、そのままドピュッ! 更けていく五反田の夜を白く染めるかのようであった。

FB指数は80!

風俗大衆 厳選名店

  • 渋谷いきなりビンビン伝説
  • 大阪ミナミ女子校生はやめられない
  • 花もよう
  • 社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
  • プレジデントオアシス

TOP