金瓶梅
アトリエなにわ

風俗体験潜入レポート

すっかり湿らせたアソコでボクのおち○ちんをしっかりとホールド ~風俗体験潜入レポート#22~

2015年02月13日

立川で献身的なOL風女性がまさかの・・・

ガタンゴトン、ガタンゴトン。中央本線快速に乗ったボクが目指す先は、立川駅。前回(♯20)の西船橋のデリヘルで大当たりを引いたボクちんは、すっかり「遠方にこそ宝は眠っている!」という妄想に取り憑かれてしまったのです。そんなわけで、今回のチン入先は立川の人妻系デリヘル店でしゅ。

ほぼ22時に立川駅に到着。お店に指定された待ち合わせ場所にやってきた女のコは、ジージャンにゆるふわスカートの、一見、OLっぽい女性。柔らかい雰囲気で、全然こういう仕事してそうに見えません。今回も当たりでしゅー!

ホテルに入って、彼女が「いま入りました」とお店に電話しているところに後ろから抱きついて、お尻をサワサワ…。スカート越しにわかるお尻と、パンティの感触に思わずファーストFB発生! 電話を終えた彼女は、「もーう」と言って風呂にお湯を張り出します。

「あ、コース的にお風呂とか入る感じ…ですか?」
「いや、そんなこともないですよ~」

なんかホントに風俗嬢っぽくないので、逆に素の自分がなかなか出せません。いちいち、癒し系のいい笑顔だし。お互いが仕掛けどころを探る雰囲気の中、先にしびれを切らしたボクが「脱いじゃえば」というと、「じゃあ、またがっていい?」と彼女。ボクの両足をまたいで、雰囲気たっぷりに唇を重ねてきます。ああ…大人のチューやぁ~…。さらにボクにキャミを脱がされた彼女はブラ姿のまま、ボクを押し倒し、首筋をなめてきます。「汗かいたから、しょっぱいよ?」「ううん、全然大丈夫」。え、エロい!

さらに濃厚な乳首舐めを経て、ボクのジーンズのジッパーを降ろすと、パンツ越しにボクのおちんちんに舌を当てがってきます。そして、ボクのパンツを少し降ろして…え、え…? まさか、さすがに即尺はない…ですよね? と思っていたら、ありました。わわわ、まさかの即尺やー! (ちなみに昨日、風呂入ってません…)。丹念に、そして愛おしむようにボクのカチンコチ●コを舐めたり吸ったり頬張ったりしています。

そこから、まさかのアナルにまで舌を伸ばそうとしてきたので、「いやいや、そこはシャワー浴びてからにしようよ。さすがに悪いよ」と言うと、「えー、全然いいのにー」と彼女。いやいや、どんだけ献身的なんでしゅか!

素股に移行すると、すっかり湿らせたアソコでボクのおちんちんをしっかりとホールドし、腰を前後にスライドさせてくる彼女。「うっわー、丸見えだよー?」「うん、もっと見て」…い、い、イヤァオ!(魂の叫び)。そのまま、彼女の腰をつかんで前後にスライドさせていると我慢の限界が…あー、あー、イクイクぅー、クアッ!!

ドピュドピュ、ドピュ!!(超出た)

この時点でまだ30分余ってますが、完全燃焼できたので、彼女とお風呂でまったり。別れ際、ボクは自然と握手を求め、「ありがとう。いろんな意味で応援してる!」と言って、手を振って別れたのでした。なんか、たかが風俗とはいえ、彼女と出会えてよかったでしゅ。

FB指数は95!

風俗大衆 厳選名店

  • 神戸マキシム
  • ハニースター
  • LOVE SCENE
  • メンズエステ五反田
  • 危険なバイト 池袋

TOP