モアグループ
金瓶梅

風俗体験潜入レポート

会った瞬間からさっそく噴火しそう! ~風俗体験潜入レポート#19~

2015年02月10日

新人潜入隊員オレの吉原デビューの相手は「ざわわざわわ」のビミョーな熟女♪

オレにもとうとう吉原デビューの日がやって来たぜ。アベノミクス効果で吉原・ソープランド街は活況だって? マジっすか? その景気、ソープだけに泡になってすぐに消えちゃいやよ~♪ 

めざすお店に電話して、「お店で最も安い50分13000円コースをお願いしまーす」と伝えたところ、「そのコースは最寄りの駅からの送迎はありません」とのこと。し、仕方ないっす。地下鉄三ノ輪駅から歩くとするか・・・。

そして徒歩10分くらいでお店に到着。フリーなので女の子は選べない。まるでバクチだ。どうか若くてきれいな姫が担当してくれますよーに! あっ、ロリっ娘も歓迎だよ。舌ったらずの甘い声。オレ、好きだなぁ~。

しかし「どうぞ、Sさんです」と紹介された女性は、人生経験の豊富な姫であった。枯れた声で「ど~ぞぉ~」と部屋を案内。オレ的にはパスしたかったが、クルマは急に止まれないし、フリーは姫を選べない。これ、今日の教訓1。

S嬢はユーミンと清水ミチコを足して2で割って、それに森山良子のエッセンスをパラパラとふりかけたような女性だった。歳は30代後半かな? マイッタね。コレデタツノカ、オレ? ざわわざわわ、とさとうきび畑のように揺れるビミョーな男ゴコロ。部屋は昭和の香りがプンプン、S嬢はニコニコ、オレは冷や汗。

「それじゃあ、お風呂に入っちゃってよ」と枯れた声でオレに指示を出し、自分はパッパッと全裸になるS嬢。ずいぶんサバサバしたお姉さんだなぁと感心。オレも自分で全裸になり、風呂につかる。その間、S嬢はスケベイスをセッティングし、そこにお湯をかけていた。

「はい、それじゃあ、足元、気をつけてこちらへどーぞ!」
「スケベイスっすね?」
「それでいいっす、なんちゃって♪」

ええーっ、「イス」と「いいっす」を掛けたダジャレっすか? この古典的なダジャレが吉原のお風呂で出るとは・・・。腰掛けるやいなや、ぐったりチ●ポを素手で洗いはじめるS嬢。しゃがれた声で「お兄さん、うちは初めて?」と聞かれれば、「はーい」と答えるしかないオレ。ここで物理的にHB(ハーフボッキ)状態に!

「あ~ら、コンニチワしてるのね」と言ってHBのチ●ポをくわえるS嬢。ここでようやくFB(フルボッキ)状態に! タイプでなくてもやっぱ勃起するんだ。これ、今日の教訓2。愚息の成長ぶりを口で確かめたS嬢は満足そうな顔で、「はい、次はベッドね」と、まるで小学2年のときの担任のモモコ先生のようだった。

このお店には部屋が7つあり、女の子は20人在籍している。女の子は7つの部屋を「転戦」しながら1日を終える・・・。と、そんな話を聞きながら、あっという間にお口でスキンをかぶせられ、ぐちゅぐちゅの熟女フェラ開始! 予想に反して早くも腰のあたりがムズムズしちゃったオレ。あれれ、コレでイクのか、これでいいのか、オレ?

「なんだか、さっそく噴火しそうですぅ」とオレ。やがてドックン・ドックンと脈打ち、昇天♪ あまりにもあっけない結末。2時間サスペンスドラマなら、番組が始まって30分くらいで真犯人が逮捕されたようなもの。あとの時間はどうするの?

「男性には射精のタイミングがありますからねぇ、イクときにイカないと終わらないお客さんもいらっしゃるし・・・」
ユーミンと清水ミチコを足して2で割って、それに森山良子のエッセンスをパラパラとふりかけたようなS嬢は、しゃがれた声で独り言のようにつぶやいておった。
「わたしねぇ、じつは一度も結婚してないのよぉ」
はい? どうして急にそーゆー話の展開になるんだよ。と、ここで、S嬢はひょっとしたらシャンソンかジャズの歌手だったのではないか。ふとそんな気がして聞いてみた。
「歌手じゃなくて元ピアノの奏者。おまけに歳は45歳なの♪」

オレの揺れるココロは「ざわわざわわ」どころか「ドカーン! ガチャガチャ♪ ガ・ガ・ガ・ガ、ガギューン、グォ~」と激しく揺れたね。やっぱオレ、熟女はゴメンしたいっす。

FB指数は65点


風俗大衆 厳選名店

  • ロイヤルオアシス
  • 危険なバイト 池袋
  • Revenge
  • 熟女家 梅田店
  • エンブレムクラブ

TOP