プレイボーイ
金瓶梅

風俗体験潜入レポート

フェラ&タマなめはさすがのプロ! ~風俗体験潜入レポート#09~

2015年01月27日

おちんちんからアナルまでゴシゴシ・・・

最近、体がバキバキでしゅ。なんでしょう? 疲れがたまっているんでしょうか。そんなときはマッサージ(もちろん抜きアリ)に限る! ということで、今回のチン入先は某デリヘル&マッサージ店に決定。

20時から出勤の嬢で予約を入れて向かったのですが、着いてからお店に電話すると、その嬢は1時間遅れるとのこと…。ええー! やんわりと不満を伝えると、「代わりのオススメのコもいますけど」と店員。待つのは嫌だったので向こうの提案してきた嬢で入ることにしましたが、モザイク越しとはいえ、ちょっとヤンキーっぽい雰囲気が気になります。不安だなー。

土地勘もないのでホテルがわからないと伝えると車で迎えに来るというので、待つこと5分。ボクのケータイが鳴るとともに白いワンボックスカーがやってきます。車に乗り込むと「こんばんはー」と女のコ。……。悪い予感が的中しました。予想通りの元ヤン風にして、年齢も40はいってそう…。店員に毒づきたいところですが、嬢が隣にいるので何も言えません…。全員無言のままホテルに車が着くまでのわずか2分が、ものすごく長く感じました。

ホテル前に到着。車を降りて、嬢と一緒に部屋へ。入るとすぐ、プレイ料金16000円を要求されたので、20000円を手渡すと「おつりは帰りにフロントで渡しますね」と彼女。そして、「なんか飲もうか」と、冷蔵庫の中から自分の分とボクのドリンクを出してきます。

プレイ前には風呂に浸かるのが同店のお決まりらしく、お湯が溜まったので彼女と風呂へ。裸になった彼女は、右の腰骨あたりに絆創膏を2、3枚貼ってて、それが余計にボクの気持ちを萎えさせます。東陽片岡のマンガか! 体を洗う際も、スポンジに泡をつけて、おちんちんからアナルまでゴシゴシ。情緒のかけらもありません…。

ベッドに戻り、全裸でうつ伏せ状態から、プレイ開始。「明るい部屋が苦手なんでしゅよ」と言って、部屋を極力暗くします。ふくらはぎからリンパを入念にほぐされ、乳首なめへ。物理的には気持ちいいのですが、脳は全然興奮していないので、頭の中で必死に好きなコ(3人)の顔を思い浮かべます。さらにフェラ&タマなめを経てからのローション素股では、「下から腰振って」と指示を出してくる彼女。挿入しているようなイメージなのかもしれませんが、そんなに気持ちよくないし疲れるだけ。正直、めんどくさいんですけど…。

素股でイかないとみるや、ローション手コキを繰り出してきたので、甘んじて受け入れ、おざなりにフィニッシュ。帰り際、フロントで20000円からプレイ代金とジュース代を差し引いた額をボクに渡してきた彼女。はあ?  そっちが「飲もうよ」って言ったのに、ボクの奢り?  あきれました…。

ホテルを出ると「またね♪」と言われましたが、ごめんなさい。またはないと思います。今回のボクは、久々にオコ(怒っているの意)です。すべてが納得いかないので、

FB指数は55点!

風俗大衆 厳選名店

  • 御奉仕関係~淑女の秘め事~
  • スウィート・キッス
  • アトリエなにわ
  • ゴールドハンズ神田店
  • モアグループ

TOP