Revenge
L-QUEEN

風俗体験潜入レポート

ダルさも吹き飛ぶテクニシャン娘 ~風俗体験潜入レポート#06~

2015年01月24日

品川の人妻デリヘル嬢は見かけによらず…♪

…無性に身体がだるいんでしゅ。なんだろう、五月病ですかね? 頭も働かないし、デスクワークの業務もちっともはかどりません。う~ん…そうだ! こんなときは風俗でスッキリしてくるに限るでしゅ。え? サボり? イヤイヤ、これも立派な仕事ですから!

今回チン入するのは、品川の待ち合わせ型・人妻デリヘル店。値段はちょっと張りますが、そのぶん女性のレベルは高そう。さっそくお店に電話をし、すぐに入れる女性を聞いてみると、「新規のお客様に自信をもってご案内できる女性がいます」と店員さん。待ち合わせ場所を女性の交通費がもっとも安い五反田駅に指定して、いざ出撃!

そんなわけで、待ち合わせ時刻の午後2時、改札付近で待機しているボクちんのもとに、非通知番号から着信が。出てみると、女性の声で「もしもし、(中略)西口改札前で待ってます」とのこと。向かってみると、それらしき色白マダムを発見。強いて言えば、稲森いずみに似てるようなキレイなお姉さんがそこに! 挨拶を済ませて、さっそくホテルへと歩みを進めます。

5分ほど歩いてラブホテルにチェックイン。まずはベッドに座って、まったり雑談。その後、互いの服を脱がせ合ってシャワールームへ向かいますが、彼女、見れば見るほど熟女っぽくないな~と。細身なボディラインや肌の艶やかさもそうですが、なんといっても熟女特有の滲み出るエロさがまったく感じられないんですよ。お店年齢は31歳ですが、実際はもっと若かったり? さすがにそれはないか~。なんて、お尻の穴を洗われながら、そんなことばかりが頭の中を巡ってました。

しかしシャワー後、その考えは一蹴されます。ベッドに横たわるやいなや、抱き寄せられ、いきなり彼女のディープキスに襲撃されたのです。それはそれはたいそう濃厚なもので、ボクの口の中の4分の3の唾液が、瞬く間に彼女の唾液に侵略されてしまいました(たぶん)。そして、乳首を指で転がしながら全身をエロ~く舐め始めた彼女は、下半身まで到達するとボクのおちんちんに、「アッ、アッ…」と、いやらしい声を出しながら激しくむしゃぶりつくんです。フェラ声にはあまり萌えないボクですが、これがまぁ、気持ちいいのなんの!

ホント、人は見かけによらないですね。まさかこんな濃厚SEXの持ち主だったとは…。実際、そのへんの熟女じゃ太刀打ちできないくらいの“ど淫乱妻”ですよ! などと、考え事をしている最中もずっとシゴかれていたおちんちんが、唐突に限界を迎えます。

「ヤバイ、もうイキそう…」

「(上下動しながら)ふぇ? まひれ?」

「うん…あー、ヤバイでしゅ!…アッ」

ドピュッ、ドピュッ!!

…少しの沈黙を挟んで、「早すぎるよ~(笑)」とイタズラに笑う彼女に、「ごめんなさいでしゅ~」と一言。とはいえ、たっぷり毒素を放出したので、気分爽快。これでバッチリ仕事に集中できるぞー。

今日のFB指数は85!

風俗大衆 厳選名店

  • 性感アロマ回春マッサージ池袋
  • マダム錦糸町
  • 花もよう
  • マキシム
  • LOVE SCENE

TOP